D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

013_tokyo1

1月のイベント紹介

2017年1月10日 公開

D&DEPARTMENT では、ロングライフデザインを伝える勉強会やイベントを開催しています。

今後、月に1度その月に東京店で行われるイベントをご紹介してゆきます。
それぞれのイベントのタイトルがイベントページへのリンクになっていますので、
気になるイベントの詳細をご確認いだだけます。

では1月のイベントのご紹介です。

NIPPON VISION MARKET森正洋の平形めし茶碗

hirameshi-1
会期:1月3日(火)〜2月7 日(火)
日本のいいものを月替わりで紹介しているNIPPON VISION MARKET。
「使う人にとって使いやすいもの、生活になじむもの」をつくるという森正洋の意志が込められた平形めし茶碗はご飯だけでなく、おかずやフルーツを盛りつけるなど、様々なシーンで活躍してくれます。100種類の色柄をご紹介しています。

 

d&RE WEAR AIZOME

rewear2017aizome

受付期間:1月3日(火)〜2月12日(日)
定期的に受付けている洋服の染め替えの特別版藍染による染め直しの受付
ご注意事項はリンクよりご確認下さい。

 

 

【定期開催しているイベント】

張り替えの受付-椅子の座面修理-

15895146_1563436633674417_6460012498338771624_n

開催日:1月21日(土)12:00〜17:00 ※要予約

東京店のUSED椅子を張り替えてもらっているfujitake worksの藤武秀幸さんに相談して、椅子の張り替えが相談できる会です。生地はどうしようか、仕上げをこうしてほしい、どうやって張り替える?などなど普段疑問に思っていることを直接相談できます。スツールからソファまで、なんでもご相談ください。

3ヶ月に一度の定期開催。次回は4月を予定しています。

 

 

金継ぎの受付-割れた器の修理-

img_8762

開催日:1月28日(土)12:00〜19:00
※要予約 定員に達しため受付を終了しました

割れたり欠けてしまった器の修理の相談会です。金継ぎは漆継ぎとも呼ばれる日本独自の陶磁器の修理方法。割れたパーツを漆でつなぎ、あえて金粉や銀粉を蒔いて化粧をすることで、その修理跡も器の新しい模様として捉えるという日本独特の美意識から生まれたものです。現代では様々な接着剤を使用した方法も見られます。D&DEPARTMENTでは改めて食器として使えるよう、漆を使用する本来のやり方での修理を承りますが、状況に応じて化学接着剤の使用も可能です。また、にガラスの修理もご相談いただけます。詳細はイベントページをご確認下さい。

2ヶ月に一度の定期開催。次回は3月を予定しています。

 

 

釜浅商店のスタッフがやってくる良理道具の日

15873424_1563542900330457_2090892294939376009_n

1月8日(日)  道具への名入れと道具の相談会
1月22日(日) 包丁研ぎの受付と道具の相談会(1本¥500にて承ります。)

東京都合羽橋にある料理道具屋、釜浅商店のスタッフが道具の選び方、使い方、お手入れや修理の道具の相談に乗ってくれます。そのほかにも名入れサービス、実演販売などを開催しています。日程によって内容が異なりますのでご注意下さい。

 

 

d MARKET-東京野菜の直売会

img_7313-e1469182908846

ダイニングでいつも使っている地元東京野菜で採れた旬の野菜をご自宅でも使っていただけるように直売会を開催しています。朝収穫したばかりの季節の野菜や果物が並びます。
ランチタイムには東京野菜のサラダプレートもご用意しています。
過去に開催した際のブログはこちら

毎月第3日曜日に開催しています。

 

 

今後のイベントは順次、店舗情報FacebookTwitterにてお知らせします。
日替わりのランチや季節のメニュー、ショップでは商品の紹介の投稿もありますのでぜひご覧ください。

みなさまのご来店をお待ちしております。

 


D&DEPARTMENT TOKYO ショップスタッフ  齊藤 なつ季