D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

1701_%e7%9b%8a%e5%ad%90%e3%81%ae%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae_main

NIPPON VISION MARKET

益子のやきもの(栃木)

主催:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA
お問い合わせ:静岡店(054-238-6678)

事前申し込み不要

静岡店では約2年ぶりの開催です。

栃木県の益子町は江戸時代、水がめや火鉢などの大きな焼きものづくりが中心でしたが、1927年に人間国宝の濱田庄司が開窯したことにより、食器や茶器といった“暮らしの器”の製作が始まりました。「d desing travel 栃木」でも紹介した、佐々木康弘さん、鈴木稔さん、濱田窯。それぞれが益子の土と釉薬を使い、伝統を継承しながら、日々、新しい世代への架け橋となるやきものを模索しつづけるつくり手です。今回は彼らの器を通じて、益子の“生活に根ざしたものづくり”をお伝えします。

kyapu

益子焼作家・鈴木稔さんのワークショップ

器をつくるワークショップを開催します。

2月11日(土)①13:00〜 ②16:30〜
2月12日(日)③12:00〜 ④15:30〜

参加費:4,000円
定 員:各回6名

「益子のやきもの」ついて教わりながら、型に土をいれてフリーカップを石膏型で成形します。完成品は、焼き上げてから約2ヶ月後のお渡し。はじめての方でもお気軽にご参加いただけます。製作時間は2時間半程度です。当日は多少汚れても良い服装でお越しください。ただ今参加者募集中です。詳細はこちらから。