D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_0723%e7%94%b2%e5%b7%9e

甲州ワイン

2016年11月5日 公開

「山梨らしいワインは?」と聞かれたら、迷わず「甲州ワイン!」と答えます。

甲州ワインとは「甲州」という名前のぶどうから造られたワインのこと。

甲州市勝沼町が発祥の地とも言われる甲州ブドウは、日本にしかない唯一無二の品種。

山梨県内各地で栽培されています。

今ではワインの原料として有名かもしれませんが、昔から生食用としても栽培されています。

そのまま食べても美味しいブドウなのです。

img_0723%e7%94%b2%e5%b7%9e

一口に甲州ワインといっても、甘口から辛口、樽を使ったもの、シンプルにステンレスタンクで発酵・熟成させたもの、など造り方によってタイプは色々。

特徴的な造り方を挙げると・・・(写真のワインはほんの一例です)

【シュール・リー】

一定期間ワインと澱(オリ)を一緒にしておくことで、味わいに厚みを持たせる方法。旨みを感じるとも言われます。

img_0898%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%92

【醸し(かもし)】

つぶしたブドウの果皮も一緒に発酵させて、皮が持つ成分を取りこむ醸造法。皮の成分により、出来上がったワインは淡い薄紫色や、ほんのりとしたオレンジ色になることも。甲州らしい苦みも感じられます。

img_0860%e9%86%b8%e3%81%97

【香りを生かした製法】

甲州ブドウが持つ香り成分が無くならないような栽培法や、収穫時期の見極めなど。甲州が本来持っている柑橘系の香りがしっかりと感じられます。

img_0890%e3%81%8d%e3%81%84%e3%82%8d%e9%a6%99

【スパークリング】

発酵による泡が溶け込む瓶内二次発酵製法や、ガスを注入する製法などがあります。甘口から辛口まで様々。

img_0893%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

樽を使ったしっかりタイプの甲州ワインも増えてきています。

【樽発酵・樽熟成】

オークなどから作られた木樽に入れることによって、香りにも味わいにも複雑味が加わります。

img_0896%e6%a8%bd

他にも醸造方法はあります。

ブドウの栽培地による違いや、醸造家のテクニックも加わり、味わいのバラエティはさらに広がります。

醸造方法の違いや畑の違いの飲み比べなどは本当に面白い!

甲州ワインの楽しみ方のひとつとしておすすめですよ。