D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_0852%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e5%86%8d

スタッフおすすめ④飲みきれなかったワインをおいしく保存する「バキュバン」

2016年12月27日 公開

飲みきれなかったワイン、どのように保存していますか?
栓を抜いたワインの劣化は主に空気に触れることによる酸化と温度変化によって起こります。
手軽な保存の仕方としては、
・しっかりと栓をして冷蔵庫で保管する
・しっかりと栓ができる小さめのガラス瓶に、口元までワインを移し替えて冷蔵庫に入れておく、といった方法で2~3日は保存可能です(ワインのタイプにもよりますが)。

が、より酸化を防ぐためには瓶内の空気を抜く道具等を使うと安心。
そんな道具のひとつがワイン保存器具元祖「バキュバン」です。

使い方はとてもシンプルで「瓶の口にストッパーをしっかりと差し込み、ポンプをかぶせ、その持ち手部分を上下させて空気を抜く」というもの。


img_0808%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97%e6%8c%81%e3%81%a4

「カランカラン」と軽やかな音がしたら空気が抜けた合図。
ポンプを外し、そのまま「立てて」冷蔵庫で保存すればOKです。

実はこの「立てて」が重要。
瓶を横にするとワインがストッパーの内部に入ってしまいます。
次に使う時、そのままの状態のストッパーを使って空気を抜こうとすると・・・今度はポンプ内部にまでワインが入ってしまい動かなくなることも!
ここは注意が必要です。

もし、うっかり横にしてストッパー内部にワインが入ってしまった場合でも、分解して中を洗えるので大丈夫。

img_0814%e6%b4%97%e3%81%86

実際にショップスタッフが2年使用、またカフェで3年使っているストッパーでも劣化は感じません。(写真は3年使用しているもの)

img_0816%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc

このバキュバン、毎日ワインを扱う山梨店のフォーハーツカフェでも使っていますし、県内のワイナリーでも使っている場面をよく見かけます。

img_0831%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%ad

使いやすく、効果もある、ということなのでしょうね。

最後に注意点をあと2つ。
・スパークリングワインなど発泡しているものには使えません(炭酸ガスが抜けてしまいます)。
・マグナムボトルの場合、ワインの残量が少ない時は、ポンプで空気を抜く時間が長くなり、ちょっと疲れます(笑)。

バキュバン 1,663円(ポンプ×1、ストッパー×1)
ストッパーセット 842円(ストッパー×2)

山梨店 古屋直未