D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

20161129_nvm_1004x669

NIPPON VISION MARKET

岩手 浄法寺の漆と器

主催:d47 design travel store(D&DEPARTMENT PROJECT)

協力:滴生舎、株式会社浄法寺産業

お問い合わせ:d47 design travel store(03-6427-2301)

事前申し込み不要

日本で使われている漆の約97%は中国製。残りの約3%は国産の漆、その7割が岩手県二戸市浄法寺という土地で生産されています。15年育てた漆の木から採取する漆は約200グラム、牛乳瓶1本分です。その年に掻き切った漆の木を伐採し、また15年かけて育てます。重要文化財の修復に用いられている貴重な国産漆。二戸市にある滴生舎でつくられる漆器のほとんどが、下塗りから上塗りまで浄法寺産の漆を使っています。ツヤを抑えた塗りで加飾もなく、シンプルながら使うほどにツヤが増す、日常に寄り添う器です。

漆器は塗り直しや修理をすることで、長く使い続けることができます。手に口にしっとり吸い付くような感触は漆ならでは。今回は、滴生舎の汁椀、弁当箱や箸、匙をはじめ、浄法寺漆の復興に尽力された岩舘隆さんや、若手作家の器などが並びます。

また、隣接するd47食堂では、滴生舎の汁椀でお味噌汁を毎日提供しています。迷われたらぜひ一度お試しください。