D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

yamarokusyoyu_1004x669

d47 table

香川・小豆島 木桶仕込みのヤマロク醤油

主催:d47 design travel store(D&DEPARTMENT PROJECT)

協力:ヤマロク醤油

お問い合わせ:d47 design travel store(03-6427-2301)

事前申し込み不要

d47 table 香川・小豆島 木桶仕込みのヤマロク醤油

d47 design travel storeでは、応援したい生産者を広く知ってもらうための販売イベント「d47 table」を開催しています。

江戸末期創業以来、すべての醤油を木桶で仕込むヤマロク醤油 では、100年以上菌が暮らしている天然もろみ蔵で、代々伝わる木桶を使い、ゆっくりと発酵しながら天然醸造の醤油が育まれています。菌の調整や添加物の使用は一切ありません。通常の倍の原料と歳月をかけ、再仕込み製法により濃厚な香りと味わいが楽しめる「鶴醤」をはじめ、大粒の丹波黒豆を使用した「菊醬」など、大豆と小麦本来の甘みと旨みが楽しめる醤油を販売します。

また、5代目山本康夫さんは、木桶で作る醸造文化が衰退している背景に(※全体の約1%以下)、木桶職人が姿を消すことを危惧し、次の世代に「本物の美味しさ」を残そうと、2011年に「木桶職人復活プロジェクト」 を立ち上げました。地元の大工や全国の仲間と共に、木桶作りを継承しています。

yamaroku_500pxl

yamamotosan_180x180

山本康夫(やまもと・やすお)

ヤマロク醤油 5代目。1972年、小豆島生まれ。大学卒業後、佃煮メーカーの営業職を経て、小豆島にUターン。家業のヤマロク醤油を継いだ。毎年1月、仲間と木桶づくりに励んでいる。新桶には、息子2人の名前を刻印し、子や孫の世代まで受け継がれる醤油づくりを実践。もろみ蔵を公開し、木桶仕込みの魅力を小豆島から伝えている。
yama-roku.net