D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神沢川酒造が造る静岡の清酒

2016年7月23日 公開

静岡店では、NIPPON VISION MARKET「静岡の清酒」を開催中です。ショップでは静岡県各地6酒造の清酒を販売しています。また清酒に合う静岡の食品と、ひのき枡や熱燗を作る酒タンポ、酒器等も並びます。ダイニングでは、ショップで販売のある清酒をお試し頂けるメニュー、清酒のつまみとデザートがのった期間限定のプレートメニューを提供しています。(プレートメニューはディナータイム18:00からご注文頂けます。)

静岡の清酒は、静岡の海や山の幸の料理と一緒に楽しめる、爽やかで優しい味わいが特徴です。しかし、静岡の各酒造が想いを込めて造る清酒の味わいは様々です。
1912年創業の神沢川酒造は、東海道の宿場の風情が今も残る由比に蔵を構えています。立派な煙突が見え、迷わず見つけることができました。
蔵の創始者はとにかくお酒がお好きで、「酒造りは水から」と酒に合う水を探し求め、神沢川の水と出会い、神沢川酒造が生まれました。神沢川の水は急斜面の山から一気に降りてくるので、鉄、マンガン、マグネシウムなどをほとんど含まず、混じり気が少ない軟水です。創始者が惚れ込んだ水で、「軽くて、まるくて、飲み飽きない」味を追求しています。そうしてできたお酒が、「正雪」です。ショップでは、4種類の「正雪」を扱っています。試しやすい150mlのものもあり、おすすめです。
また「正雪」6種類を少量づつ飲み比べ、造りによる味の違いを感じられるd SCHOOL「わかりやすい清酒」を8月13日(土)に開催します。まだまだ参加者を募集しています。是非お気軽にご参加下さい。

IMG_9182画像提供:神沢川酒造

NIPPON VISION MARKET「静岡の清酒」は、9月5日(水)までの開催です。皆様のご来店をお待ちしています。

D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA 加瀬 かおり