D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

DSC_0069

KOKUYOのチェア

2016年6月14日 公開

コクヨと言えばキャンパスノートや文具、学習机をイメージする事も多いのではないでしょうか?
そんなコクヨは大阪で誕生した会社です。1905年、大阪の西区南堀江で和式帳簿の表紙店を開業したのが始まりで、今やオフィス家具を含めたオフィス空間の総合デザインを可能とする会社です。

そのコクヨが生産してきた3種類のスタッキングチェアをご紹介します。

DSC_0070DSC_0071積層合板のスタッキングチェア
薄い座面ですが、背面はしなりに強く適度な反発性があります。
また木目の出方は様々で個体差を楽しめるチェアです。
SIZE:W48.5×D49×H75(sh41)cm

DSC_0073DSC_0074FRPのシェルチェア
屋外でも使える丈夫なFRP、思った以上に座る人の形にフィットします。小ぶりで軽く省スペースでスタッキングできるのも良い所です。
SIZE:W44×D47×H69(sh43)cm

DSC_0077DSC_0078ポリプロピレンとビニールレザーのスタッキングチェア
座面は広く、軽量で丈夫。背面のしなりもあり長く座っても疲れにくいチェアです。ウッドとFRPの機能面で良い所を合わせてようなチェアです。
SIZE:W57×D55×H74(sh44)cm

DSC_0083DSC_0082DSC_0081
時代毎で材質を替えながら作ってこられたスタッキングチェアには、人によって好みが分かれると思います。デザインへのこだわりか、機能面でのこだわりか、素材へのこだわりか。
ただ、時代の流れに合わせて製造し続けてきたコクヨだからこそ、その時々の技術や流行りなどの変遷を感じられる事もまた、面白いと思いました。

DSC_0088この椅子は、紹介してきたスタッキングチェアとは全く違いますが、コクヨが2003年にフランクロイド財団と共同開発した会議用アームチェアです。事務用の椅子への技術力とこだわりを感じます。

大阪店
06-4391-2090

d OSAKA 大塚 拓己