D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

IMG_2717

天童木工 チーク脚の食堂テーブル

2016年4月19日 公開

山形県天童市で1940年に創業した家具メーカー、天童木工の食堂テーブルです。生産をスタートした1965年から、まったく変わらないデザイン。時代にあわせて素材や木材を変えながら、50年以上作り続けてきました。

IMG_2719
IMG_2724

現行品はオーク材やビーチ材を使って生産をしていますが、今回紹介するテーブルは脚にチーク材の突板を使って、オイルで仕上げたもの。今となっては希少な木材となったチークですが、以前に生産していたものが、天童木工の倉庫で数台だけ見つかりました。

ながらく眠っていましたが、新品です。

IMG_2720

この滑らかに曲げられた脚は、天童木工のもっとも得意とする成形合板という手法によるもの。薄くスライスした板を何層にも重ねて、熱をくわえながらゆっくり曲げます。手間と時間はかかりますが、無垢の一枚板に比べて、美しく、自在に曲げることができます。

天板は手入れのしやすいメラミン化粧板。傷がつきにくく汚れにくい。毎日使うテーブルにぴったりの素材です。サイズはすこし小ぶりな80センチ四方の正方形で、二人で使うのにちょうどよいサイズ。

IMG_2725

天童木工 チーク脚の食堂テーブル
W800×D800×H700 mm
¥109,080

 

IMG_2731

一緒にあわせた椅子は、こちらも天童木工。水之江忠臣がデザインしたダイニングチェアです。現行品はやはりオーク材の突板を使用していますが、チーク材を使っていたころのモデルが入荷しました。こちらは新品ではなくUSEDで、4脚だけの入荷。使い込んだチーク材ならではの、深みのある色合いです。

一見すると現行品とまったくおなじデザインに見えますが、素材だけでなくサイズや細かな仕様もすこしずつ異なります。時代にあわせて変化しながら続いてきたロングライフデザイン。ぜひ、店頭で感じてみてください。

IMG_2730

USED 天童木工 水之江忠臣の椅子(チーク)
W450×D475×H750(SH420)mm
¥43,200(1脚)

※USED商品は店頭でのご購入のみとなり、通販は行っておりません。売り切れている場合もございますので、在庫状況はご来店前に確認をされることをおすすめいたします。東京店のUSED商品一覧は、Pinterestでご確認いただけます。

東京店
03-5752-0120
shop_tokyo@d-department.jp

D&DEPARTMENT TOKYO 大野瞬