D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

Processed with VSCOcam with f2 preset

『履物の正しい選び方』-祇園ない藤にきく-

当日は内藤誠治さんと番頭の関塚真司さんが在店してくださいます。

主催:d OSAKA
お問い合わせ:d OSAKA (06-4391-2090)
お申し込みフォームはこちら

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

祇園ない藤の5代目、内藤誠治さんと初めてお話しさせて頂いたのは昨年の夏。あの時受けた印象とお話しが忘れられなく、『JOJO POP UP STORE』がきっかけで、祇園ない藤のお店で再度お話しする機会に恵まれました。

今回のトークイベントではない藤の考える履物についてのロングライフデザインを知ることが目的です。おそらくそこからは京都のロングライフデザインを知るきっかけも含んでいると思います。住み続ける京都を俯瞰した目線で見ることは結構難しいことだと思います。とくに歴史が深い分、どこにでもロングライフデザインは潜んでいるように感じるし、実はそうでもないことも。

ない藤が京都で100余年続いてきた理由を履物を通してお話ししていただきながら、5代目の誠治さんが考える正しい履物を含む、ものの選び方もお話し伺えたらと思います。20万通りあると言われているない藤の履物の素材について、履物を扱う美意識について、京都について、インドでの出会いについて、JOJOについて、などなど。

ご来場、お待ちしております。

11-08-20_0304

祇園ない藤 5代目 内藤誠治

「ない藤」は京都で100年を越えて履物を作り続ける「用の美」伝承によるモノ作りの老舗です。履物は風土の培われた暮らし、生活様式から生まれた道具で、衣装の従者ではありません。「ない藤」はそのような履物の本質を理解し、使い手を主人公とした"席"に"時"に寄り添い、見目麗しく、使いやすい、そして修理可能な履物を作り続けております。見た目の美しさだけにとどまらず、その日の目的や格調を表す意味を含んだ特別な一足を、入念な下ごしらえと丁寧な仕事で一人ひとりのお客さまの歩き方や足の特徴にも添うように仕上げてまいります。(5代目 内藤 誠治)