D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

tokyo160128_top

稲荷湯の木桶を手入れする

2016年1月28日 公開

こんにちは、dそうじ部 部長の有馬です。
今年も入荷しました。USED商品「稲荷湯の木桶」。
北区の稲荷湯では、近頃の銭湯では珍しく木の桶を使っています。プラスチックの桶に比べると手入れに手間がかかりますが、木桶で浴びる湯は格別。きちんと手入れをしながら、1年間使用したものは、お客様に気持ちよく入ってもらうためと、新年に全て入れ替えをしています。東京店では、その入れ替えで現役を退いた古い桶を、毎年買い取らせてもらっています。今年で4回目。古いといえども1年しか使っていないので、まだまだ使う事ができます。

tokyo160128_01

そんな木桶を買ってみたけど、白木(無塗装の木)製品の扱いをよく知らなかったという方も多いのではないでしょうか。改めて、お風呂の木桶の扱いについて簡単に説明したいと思います。


1.毎日お風呂で使う場合のポイント
tokyo160128_02

使い終わったあと、石鹸が残らないようにゆすぎ(場合によっては束子でざっとさらい)
逆さまにして置きましょう。逆さまにすることでタガが緩んでしまうのを防ぎます。石鹸の成分が残っていると黒カビの原因になります。特に縁の部分は石鹸がしみ込みやすいので、よく流しましょう。置く時はベタ置きしないように内側にも空気が入るようにしましょう。ベタ置きも、カビの原因にもなります。

2.たまのお手入れtokyo160128_03 tokyo160128_04
普段は束子でこすってぬめりを落とす程度で特別やる事はありませんが、もうちょっと手入れしようと思ったら、粉クレンザーと束子で磨いてみてください。軽い染みはとれ、タガの銅がピカピカになります。

tokyo160128_05右側が磨いた側。

界面活性剤で汚れを浮かすというよりも、研磨剤で表面を磨くイメージです。プラスチックと違い、白木は洗剤の成分が中まで染み込んだままになりやすいので、液状のものではなく、粉状のクレンザーが良いです。粉状クレンザーは白木のまな板やおひつなどにも使えるので、便利。おすすめです。

天日干しは、あまり木にはよくありません。乾燥しすぎると、木の歪みや、やせにつながり、元に戻せなくなります。干したい時はなるべく風通しの良い陰干しで。日光ではなく、やさしい風で乾かすようにしてください。どうしても天日干ししたい場合は、表面の水分が軽くとぶ程度の短い時間にしてください。雑菌が…と気になるかもしれませんが、この桶に使われているサワラには、もともと抗菌性があります。

3.風呂場に置かず、たまに使いたい
tokyo160128_06
基本的にはお風呂場(湿気のある場所)に置きっぱなしがベストです。でも、たまに行く銭湯で使いたい。できれば普段はしまっておきたい。という方はこの方法で保管をしてみてください。表面が乾いた状態で、新聞紙にくるみます。中にも新聞紙をつめます。さらにビニル袋や段ボールに入れ、日の当たらない押し入れなどにしまいます。この時も、なるべく逆さで置くようにしてくださいね。新聞はある程度の湿度を含み、外気の乾燥から守ってくれます。

昨年はこの方法で保管していたところ、秋に完売した最後の1個まで、
木がやせずに良い状態で販売ができました。

4.タガが外れた
tokyo160128_07
乾燥させすぎると、木がやせてタガ(外周を留める銅輪)がはずれます。タガには上下があります。両方はずれてしまったら、上下と向きを正しく合わせてください。元あった位置に跡が残っているので、そこに合わせて木に水気を含ませると留まることが多いですが、乾燥させすぎてしまうと、元の跡の位置ではぶかぶかになってしまうことがあります。その場合には、留まるところで水平に整えて水気を含ませましょう。

tokyo160128_08 tokyo160128_09

5.黒カビが生えた
tokyo160128_10
カビには根があり、その根が白木の繊維の中に入り込んでしまうので、残念ながらなかなか落とす事はできません。1. 束子でこする→2. クレンザー+束子でこする→3. それでも落ちなければ、漂白。

tokyo160128_11
塩素系漂白剤はいわゆるカビ取りで使われるものですが、素材を傷めてしまったり、ツンとした匂いが残ってしまうので、酵素系漂白剤を使用しました。黒ずみは完全にはなくなりませんでしたが、薄くなりました。

tokyo160128_12 tokyo160128_13
粉タイプをお湯で溶かしたものをキッチンペーパーに浸し、黒ずみのある箇所に貼りました。最後はたくさんの水でよくすすいで薬剤が残らないようにします。

やはり、プラスチックと違って染み込む素材なので、なるべく薬剤に浸けおくのは避けて、上記1や2のお手入れまでにするようにしてください。また、多少の黒ずみがあっても使用には問題ないので、その後しっかり手入れをするようにすれば、繰り返し漂白する必要はないと思います。

tokyo160128_14
稲荷湯の木桶 ¥1,620

今年入荷した桶はまだまだ販売中。この桶はたくさん湯が入り、木のぬくもりがあるので、寒い季節にたっぷりのお湯をはってざばっとかぶると、まるで銭湯にいるかのように気持ち良いですよ。

 

D&DEPARTMENT TOKYO そうじ部 有馬 まどか