D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

furanoburger1

FURANO BURGER

  1. 自社牧場のベーコンやウインナーを使用、空と畑を眺めながら食べるハンバーガー。

取材旅行中に偶然発見した「FURANO BURGER」は、JR富良野駅から車で10分ほど、原始林に囲まれた鳥沼公園の斜め向かいにポツンと建っている。営業終了の19時過ぎ、店内の照明を落とす直前に、断られるのを承知でドアを叩いてみた。出てきたのは恰幅のよい男性スタッフ。彼は一言「よろしいですよ」と腹ぺこの我々を笑顔で出迎えてくれた。その気取らない温かいもてなしが、この店のスタイルとなっている。1991年に創業し、地元の食材を使い、手作りと何より美味しさにこだわる富良野牧場が、自社のベーコンやソーセージを、より多くの人に提供する場所として2008年5月にオープン。オーナーの長谷川晃平さんは富良野出身、同店オープンを機に地元に帰ってきた。土地柄、観光客が中心かと思いきや年配の方も含めた地元客がリピーターだという。ハンバーガーに自家製ウインナー、フライドポテトがセットになった「ふらのバーガー」は950円と決して安い値段ではない。それでも地元の人々が足繁く通うのは、男性スタッフ達による適度な接客、地元産に徹底したメニュー、そして窓から広がる圧倒的な景色に魅了されるからに他ならない。テラス席もあり、どこまでも突き抜ける空が何といっても気持ちいい。「富良野牧場の歴史を守りたいし、いつか老舗と呼ばれることが目標」と言い切る長谷川さん。ロケ地やラベンダー畑などの観光資源に頼りがちな富良野だが、この店の真っ当なスタイルが今後も受け入れられることを期待したい。(三浦正嗣)

  • 北海道富良野市東鳥沼1
  • 0167-23-1418