D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_2608

料理家 広沢京子さんと食べて学ぶ、福岡の冬2018

福岡を食べる会 2018冬 根菜人の蕪

ドリンクはキャッシュオンとなります。

お問い合わせ:092-432-3342(福岡店)
お申し込みフォームはこちら

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

私たちダイニングでは地産地消をテーマに、地域の生産者と繋がりながら、福岡の生産者を応援する活動を行っています。この「福岡を食べる会」は、料理家の広沢京子さんから、福岡の土地で育つ旬の食材とその生産者をご紹介いただきながら、春夏秋冬を通して「作って、食べて、学ぶ」会です。

____________________

毎年、旬の時期になるのを待っている野菜や,果物が沢山あります。あの生産者の方の今年の様子はどうかなあ?と思いを寄せれる幸せがあるなあという思いは,福岡に暮らし始めて強く感じた事です。海産物、野菜、果実、米、穀類、卵、畜産などなど、あらゆる美味しいものが揃う地域はなかなかありません。大地にぐっと根をはり、自然と共に美味しいものを造り出す素晴らしき生産者の方をご紹介しながら、一緒に食卓を囲み、日々への取り入れ方等もお伝えして行きたいと思います。明日からの食卓が更に豊かになるきっかけになれたら嬉しいです。 広沢京子 cookluck(料理家)

第2回目は 根菜人、森光健太さんの蕪

冬になると必ず食べたくなるのが、森光さんの蕪です。
見る目も美しく瑞々しく甘みがあって、生でも、焼いても、蒸しても、煮ても美味しく飽きのこないのがこの蕪です。
そして、関東出身の私は蕪の大きさにも最初驚きました。
どんな場所でどんな風に育っているのかは
もちろん、蕪の東と西の違いの話等もお聞きしたいと思います。
今回は蕪を使った和食をご用意します。どうぞお楽しみに。

img_2593

福岡を食べる会では毎回、こんなことを学びます。

・旬の食材使ったお料理が楽しまめます。
・生産者のお話が聞けます
・お召し上がりいただいたお料理の中から1品、広沢さんの特別レシピをお持ち帰りいただけます。
・旬の食材はその場で購入できます。

毎回ひとつの食材をテーマに、広沢さんがこの日のために考えてくださった料理を食べ、作り方を教わり、生産者のお話を聞ききながら福岡の食を学びます。

img_2609

広沢京子さんのレシピ付き!「根菜人」の蕪が店頭で買えます。

お買い上げのみなさまにはもれなく広沢京子さん考案の蕪を使ったレシピが付いてきます。

根菜人さんの蕪はまあるくて大きくてきれいな肌の美人な蕪です。そのまま食べると、そのみずみずしさと甘さに驚きます。
サラダにしてもスープにしても煮込みにしても美味しい根菜人の蕪。ぜひ、お試しください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広沢京子さんのお料理がダイニングで楽しめます。

「根菜人」さんの蕪を使って、広沢京子さんのレシピでつくるスペシャルメニューが期間限定で登場。イベントに参加できなかった方も、福岡の旬を堪能したい方も、年に一度しかない旬の蕪をぜひ一度、味わいにいらしてください。※画像はイメージです。

%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f-150x150

広沢京子 cookluck(料理家)

雑誌、書籍のレシピ製作、飲食店のプロデュースなど幅広く活動。
2009年東京より福岡に拠点を移してからは、生産者の方との料理会、イベント等を行いながら、消費者と生産者とを繋ぐ活動を行っている。
著書に「家だからいっぱい野菜」(幻冬舎)、「こうかん、ぶつぶつ。」(millebooks)等。
http//www.cookluck.com

img_2441

「根菜人」森光健太

福岡県久留米市で祖父の代から続く大根農家を継いだことから農業に携わる。「根菜人」という屋号でこれまで育てられていた大根に加えて蕪づくりを始める。屋号である「根菜人」はすぐに根菜を作っているところだとわかるようにつけられた。きめの細かくみずみずしくて甘い森光さんの育てる蕪は、県内外にファンが多い。