D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_5506

2017年ローズボッサの葡萄収穫

2017年8月23日 公開

ローズボッサをご存知ですか?

とどろき酒店さんが企画、運営する美味しい福岡ワインを実現するためのプロジェクトブランドstudio gogoから造られたワインです。
「福岡のお米で造った日本酒があるように福岡の葡萄で造った美味しいワインが飲みたい!」という想いからはじまりました。

福岡店スタッフはオープンした2014年よりローズボッサを造るための葡萄の収穫、破砕、圧搾の作業のお手伝いに参加させてもらってます。
2016年の収穫の様子はこちら

今年も久留米にある巨峰ワイナリーさんで行われた収穫作業に参加させて頂いたその様子をご紹介します!
img_5510

まずは、巨峰の収穫です。
ブドウの入った袋のずっしりとした重みに出来上がるワインへの期待が高まります。

収穫が終わると選定の作業へ。
病気や虫に食べられた葡萄の実を一つ一つ取り除きます。

img_5546

はち切れそうなくらいパンッと張った実がたっぷりとついた葡萄でした。
大きくて立派、実がしっかりと房に付いたものがたくさんでした。
昨年に比べ甘さは控えめ、程よい果実味で、果肉もしっかりとした存在感がありました。

img_5543

その量全部で約1.5トン。圧巻です。

選定が終わると破砕、圧搾の工程へ進みます。
葡萄たちは続々と機械の中へ。
房と実を取り分けた後、圧力をかけて果汁を絞り出します。

img_5564

機会が動き出すと辺りはふんわりと葡萄の良い香りが。

img_5560
こちらが圧搾機に入れてすぐの葡萄の果汁。
ふんわりとやさしいピンク色で程よい甘さが美味しかったです。

img_5576
こちらが機械にかけて1時間後の葡萄の果汁。
色味も濃く味にも甘さの中に渋みが加わり奥行きが出てきました。

出来上がった果汁は大きなタンクへ。
発酵、熟成の工程を終え出来上がります。

甘さが控えめ、果実味の強い葡萄だからしっかりとした辛口?
出来上がりを想像すると待ち遠しくなります。
今回で3回目の収穫の参加でした。葡萄の甘さや、大きさなどその年の葡萄の様子で、取れる果汁の味も違う事を感じる事が出来ました。
出来上がりは11月半ばとの事。

ローズボッサは福岡店ダイニングでも入荷次第、お楽しみいただけます!
ご用意ができ次第FaceBookやtwitterなどでお知らせ致します。

福岡店Facebook:https://www.facebook.com/d.and.department.fukuoka/
福岡店twitter:https://twitter.com/d_d_FUKUOKA

 

その他にも福岡店では国産の自然派ワインをたくさん揃えております!
自分の好きな国産ワインを探しにいらっしゃいませんか?

ご来店お待ちしております!

 

 

 

D&DEPARTMENT FUKUOKA  海尾 幸