D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

うどん5

うどんを食べに行こう!

2016年8月6日 公開

昨年、d47 MUSEUMで開催された「d47 麺 MARKET」。今年も京都店では、土地の個性が詰まった麺を販売中です!!無くなり次第終了となるのでお早めに。

麺

そんな「麺」にちなんで本日は食堂の”うどんメニュー”をご紹介します!
食堂でお出ししているうどんは全3種。佛光寺のご近所にある「河道屋倖松庵」の麺を使用しています。創業明治12年「総本家 河道屋」にて修行した初代が暖簾分けをしてできたお店。現在は卸専門であり、うどんだけでなく、蕎麦や中華麺の製造もされていますが、当時は飲食店も経営していたとか。そこでは、京都で初めて「きつねうどん」を提供したというから驚き。井戸水で粉を練り、温度、湿度、そして粉の状態を見てつくられる麺。工場内はちょっと秘密ねと言われたので、ブログに載せられません。外側だけでも!!

うどん

ここで作られた生麺を毎日食堂に届けてもらい、食堂内にある「ゆで麺機」でゆがきます。注文を頂いてからゆがくので、10分ほどお時間をいただきます。しばしお待ちを。その間、佛光寺の鐘をつく音が聞こえるかもしれません・・・

ゆでめん機

さてさて、メニューのご紹介を。
今夏限定!「冷やしみょうがおろしうどん」(1100円)

うどん6

みょうがと大根おろしをふんだんに使い、京都「うね乃」のはなかつおをのせました。おくらを入れて、味を濃くしたいと感じたら出汁醤油をかけて。しそ梅は+180円でお付けできます。さっぱり度があがるあがる。

お次は「きざみうどん(温)」 (850円)

うどん8

”きつねうどん”のきつねとは違い、甘辛く炊かずに細かくお揚げを刻んでお出汁と一緒に炊く。そう、そのまんまのお揚げの味が楽しめるうどんです。九条ねぎもたっぷり使いました。

最後は「美山のゆばうどん(温)」(1000円)

ゆば

こちら、食堂定番のうどんです。水・大豆100%美山産にこだわって作られる「ゆう豆」の湯葉。生湯葉と乾燥湯葉の両方の良いところをもつ”半乾燥ゆば”を使用しているのでもちもちとした弾力性が特徴です。食堂で甘辛く炊いた椎茸と一緒にどうぞ。

つるつるっと入ってくる麺。夏に食べたくなる麺。京都店に麺を求め、ぜひお越しください!

 

 

 

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学
吉田茜衣