D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

広報発表

【広報発表】d47 MUSEUM 第17回企画展「47 accessories 2 ‒ 47都道府県のアクセサリー展 ‒」2016/12/8~2017/2/12 開催

2016年11月08日

時代に合わせて進化を続ける、ずっと使い続けたい日本のアクセサリー47選。

「47 accessories 2 ‒ 47都道府県のアクセサリー展 ‒」2016/12/8~2017/2/12 開催

47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM」では、2016年12月8日(木)より2017年2月12日(日)まで、第17回企画展となる「47 accessories 2 -47都道府県のアクセサリー展-」を開催します。2012年に当館で開催した、「47 accessories」展に続く本展覧会では、日本各地に根付いた伝統技術や地域資源を活かしながら、現代の暮らしに合わせて進化を続ける、創意工夫を持った47つのアクセサリーを紹介・販売します。

2012年の展覧会では、従来の伝統工芸が、アクセサリー作家と出会うことで新たな工芸として若々しく進化した47の実例を紹介しました。それから4年、東京五輪・パラリンピック招致の成功、「まち・ひと・しごと創生本部」の設置、都内では、今年アンテナショップが過去最高の店舗数55店を記録、今後も増加傾向が続くと見られ(※1)、Made in Japanをテーマにした大型商業施設が相次いで登場するなど、ローカルなものづくりへの注目がさらに高まる中、日本各地でその土地の資源や技術を活かしながら、更なる挑戦が取り組まれています。例えば、地域の名産品であるタンス(岩手県「Iwayado craft」)の端材を利用したり、長く培った工業製品の製造技術をアクセサリーづくりに応用させたり(神奈川県「TE project」)と、これまでの常識や慣例に捉われないものづくりが、地場産の付加価値だけでない、時代のリアルなニーズに合わせた進化を続けるアクセサリーを生み出しています。47のつくり手たちの自由な発想が生き生きと映し出される、2016年版日本のアクセサリーづくりの今を感じてください。

※1:2016年1月 一般財団法人地域活性化センター

accessories2


 

名称  47 accessories 2 -47都道府県のアクセサリー展-

会期  2016年12月8日(木)~ 2017年2月12日(日)

1 1時~20時 入場は閉館30前まで ※12/31は~18:00、元旦は休館、1/2より通常営業

会場  d47 MUSEUM (東京都渋谷区渋谷2-21- 1 渋谷ヒカリエ8F)

電話  03-6427-2301

入場料 無料

主催  D&DEPARTMENT PROJECT

ディレクター  ナガオカケンメイ

 


※メディア向けプレビューを開催します

日時:2016年12月8日(木)10:00~11:00

取材をご希望の方は恐れ入りますが、プレスリリース最終頁の取材申込書にご記入の上、12月6日(火)までに、広報宛にFAXもしくはメールにてご返送ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

展覧会のイベントページはこちらです。

新着情報

News