D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

広報発表

【広報発表】『d design travel 愛知』 2016年7月中旬全国発売!

2016年06月02日

 

愛知の「個性」「らしさ」を再発見。デザインの視点で日本を旅するトラベルガイド最新刊。

D&DEPARTMENT PROJECT( 商号:ディアンドデパートメント株式会社) は、「あいちトリエンナーレ2016」の現代美術部門にアーティストとして参加し、関連企画として、デザインの視点から47都道府県ごとの観光を紹介するトラベルガイドブック『d design travel』の愛知号を、2016年7月中旬に発売します。

「ロングライフデザイン(時代や流行に左右されず、愛され続ける息の長いデザイン)」を編集テーマに、愛知県各地で長く続いているもの、あるいは長く続いていくであろう本質を持ったものを「その土地らしい魅力」と捉え、観光、レストラン、買い物、カフェ、宿、人の6つのカテゴリーごとに発掘、紹介する1冊です。

今年3月、アートラボあいち大津橋にて約100人の地元住民が参加した公開編集会議で、「愛知県らしさ」をディスカッションし、本格的な取材をスタート。編集部が、約2か月間現地に住み込み、200カ所以上を旅するように取材しました。編集長の空閑理(くが・おさむ)は「古い名建築、独特の名物料理、愛らしい喫茶店……愛知県には、僕たちが気づかぬうちに忘れたり、捨て去ってしまったような、心から好きだと言えた場所や物事、風景、そして心情が、今も生き続けています。それらは“延命”ではなく、子供のように元気に無邪気に、これから一生が続いていくような在り方をしている」とその特長を語ります。よく知られる観光名所も、そうでない場所も、編集部が実際に体験し、感動したもののみを厳選。「愛知県らしさ」を築く数々の魅力を、これまでの観光ガイドには無かった、新たな視点でまとめあげました。

本誌の発売に合わせ、渋谷ヒカリエ内の「d47 MUSEUM」では、誌面と連動した展覧会を開催する他、併設の「d47食堂」では本誌制作のために開発された新メニュー「愛知定食」が登場。その他、出版記念パーティーや、掲載地を巡るスタンプラリー、愛知県を題材にした新作落語を発表する「d47落語会」など、本誌だけに留まらず、記念イベントを東京・渋谷と愛知県内で開催。見て・触れて・食べて・笑って、愛知県を感じ、旅したくなるきっかけを立体的に提案します。


『 d design travel 愛知』概要

●定価   1,400円+税

●出版元  D&DEPARTMENT PROJECT

●発売日  2016年7月中旬

●様式   B5変形判(230×175mm)192ページ、フルカラー

●販売場所 全国書店、ミュージアムショップ、ライフスタイルショップ等全国約1,000店

●表紙   オリエンタル坊や

aichi_book


詳しくはこちらのPDFをご覧下さい。

*6月7日表紙を公開し、更新しました

*6月10日「d編集部の愛知ぐるぐる」の開始日が6/23より7/16となりました

「d design travel 愛知」特集ページはこちらから。

新着情報

News