D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

掲載情報

【広報発表】d mart 47 -47都道府県のご当地ものコンビニ- 4/28(木)~6/19(日)開催

2016年04月22日

 

47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM」では、2016年4月28日(木)より6月19日(日)まで、第15回企画展となる「d mart 47(ディ マート ヨンナナ)」を開催し、日本各地の地元のロングセラーやその土地の地場産業を代表する「地元の愛され商品」だけで構成した、実際に買い物ができる、コンビニエンスストアを出店します。

利便性を追求した均一化や、来店頻度を上げるための頻繁な商品入れ替えが定番戦略となっている中で、「地域性・普遍性・継続性」に価値を置き、日常の買い物を地域のものづくりに結びつけ、その文化の継承を促すコンビニを、未来のコンビニの一つの形として提案します。物にあふれ、その消費のあり方が疑問視される今、本来あるべき消費活動を来場者に問いかけ、暮らしを見つめ直すきっかけを与える企画となります。

 

全国に5万店舗以上、1ヶ月の総来店客数12億人以上というコンビニ(*1)は、その品揃えだけでなく、あらゆるサービスを兼ね備え、今や社会インフラと認識されるほど、日本文化の一つとなっています。毎週100種類前後の新商品が導入されると言われ、その圧倒的な消費サイクルの早さは、顧客にとってはいつでも目新しいものを手にする楽しみがありますが、一方で、プロダクトライフサイクルを短期化する原因ともなり、メーカーは、スピード感と量産性が求められるものづくりに対応せざるを得ない状況になっています。さらに、粗利率が高く各小売業者が力を入れるプライベートブランド(PB)の成長と需要の高まりも相まって、地域の環境や風土に合わせたペースでものづくりを手がけてきた地元の中小企業がつくるナショナルブランド(NB)商品は、流通経路の縮小を余儀なくされています。

このような、PBと、全国的なブランド力がある大手メーカーのNBがコンビニの商品構成の主流を担い、どの店舗にも同じものが流通していく現状は、地域のものづくりの衰退を助長し、日本のものづくり文化の単一化を招く要因に成り得ると考えます。また、全国均一の品質で、いつでもどこでも購入できる手軽さは、時に、「とりあえず必要になるから」と、選択しない間に合わせの買い物を生んでいるとも言え、この実用性だけを考えた惰性的な買い方は、現代社会が見直しはじめている「長く大切に使う」意識に逆行するものです。

 

この「d mart 47」は、一見、いつものコンビニのようでありながら、その商品の一つ一つは、地元で昔から愛され続けている食品や、その土地ならではの伝統が息づく日用品ばかり。いつも無意識に手に取る商品を、各地のものづくりに置き換えることで、商品の背景を伝えてその個性を改めて実感させ、大切にしたい気に入ったものを選択して購入していく。自分の欲求を満たすだけでなく、つくり手を応援する意識を持つことができる買い物を促していきます。

*1 出所:「JFAコンビニエンスストア統計調査月報 2016年1月度」日本フランチャイズチェーン協会

dmart47_image-logo


名称 d mart 47 -47都道府県のご当地ものコンビニ-

会期 2016年4月28日(木)~6月19日(日)1 1時~20時(最終入場19時半)※会期中無休

会場 d47 MUSEUM (ディ ヨンナナ ミュージアム)東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F

電話 03-6427-2301

入場料 無料

キュレーター ナガオカケンメイ

音楽 DRAWING AND MANUAL(菱川勢一、清川進也)

主催 D&DEPARTMENT PROJECT

協力 株式会社ローソン


 

詳細はこちらをご覧ください。