D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

dsc01518

朝採れ赤紫蘇でジュース作りのワークショップ

d SCHOOLわかりやすいしば漬け

大切な赤紫蘇を無駄にすることのないよう、確実にご参加できる方のみ、ご予約をお願いしています。
また、当日は作った赤紫蘇ジュースをお持ち帰りいただけます。
中身が溢れにくい耐熱容器をお持ち下さい。

主催:D&DEPARTMENT KYOTO

【お申し込み方法】
WEB、D&DEPARYTMENY KYOTO・d食堂京都店頭、お電話(075-343-3215)にて

お問い合わせ:075-343-3215(d食堂京都)
お申し込みフォームはこちら

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

赤紫蘇ジュースを作って、志ば漬けを学ぶ

京都大原にある『志ば久』さんは、しば漬けのための赤紫蘇を、毎年自家採種して、種蒔きから栽培、収穫、製造にいたるまで一貫して自社でおこなっています。
「うちは漬物屋というよりは、農家に近いかもしれへんなぁ。」と久保さんが話すように、しば漬けに使われている赤紫蘇はすべて、大原の自社農場で育てたもの。
京都店でもお取り扱いがあり、d食堂のメニューの中でも使わせていただいている志ば久さんの「赤志ば」。
千枚漬け、すぐきと並んで京都三大漬物と言われているほど京都の人には馴染み深い「しば漬け」ですが、どうやって作られているかご存知でしょうか。

しば漬け作りに欠かせない赤紫蘇は1年に1回、6月中旬〜8月上旬が収穫時期です。
当日の朝に獲れた新鮮な赤紫蘇を使って赤紫蘇ジュースを作りながら、志ば漬や漬物作りを学びましょう。

001-%e5%bf%97%e3%81%af%e3%82%99%e4%b9%85pc

この日は、d食堂にて志ば久さんのお漬物を使った特別な定食(※数量限定)もご用意するほか、ショップでも普段はお取り扱いしていないお漬物のラインナップが揃います。

さらに参加者の方には、久保さんからの手土産もお渡しいたします!

tenpo_01-jpg-thumb-960x540-5984

志ば久

大原三千院にある京漬物や「志ば久」。3代目の久保勝さんが販売と企画を行い、息子の統さんが営業と製造を行う、親子で営む漬物や。漬物にする作物を毎年自家採種し、栽培、製造までの全てを自分たちの手で行っている。

今回は久保統さんにおこしいただき、当日の朝に久保さんが採って来てくださる赤紫蘇で赤紫蘇ジュースを作りながら、志ば久の漬物作りをお伺いします。