D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

nvg_orisome_ws

「47 REPAIR & CARE」展 関連ワークショップ

金井工芸「泥染めワークショップ」

お申し込み方法 電話(03-6427-2301)/d47店頭(渋谷ヒカリエ8階)
お申し込み時にお名前、ご参加人数、ご希望時間をお知らせください

【参加時の注意】
染めるものはおひとりにつき300gを目安にお持ちください(Tシャツ2枚は約300gです)
天然素材のものは染められますが、ゴム、樹脂、ビニール等でコーティングされたものは染められません。
汚れても良い格好でお越しください。(手袋やエプロンはご用意いたします)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

奄美大島で約1300年以上前から伝わる
大島紬の糸を染める古代天然染色「泥染め」

main_img_6146
天然の草木から抽出した染料での染色体験と、泥染めについて学ぶワークショップを開催します。染師の金井志人さんから染色のお話を伺ったあと、奄美や沖縄に自生する樹木「車輪梅」を使った泥染めを実際に体験。抽出される染料は赤褐色で、その上に泥を重ねて深みのある色に変化させるので、染める色の濃淡はお好みで調整していただきます。

001-img_6252   002-img_6269

【参加時の注意】
・染めるものはおひとりにつき300gを目安にお持ちください(Tシャツ2枚は約300gです)
・天然素材のものは染められますが、ゴム、樹脂、ビニール等でコーティングされたものは染められません。
・汚れても良い格好でお越しください。(手袋やエプロンはご用意いたします)

img_6260

img_0073

金井工芸

1982年創業の金井工芸は、1300年の歴史を持つ本場奄美大島紬の泥染めを担う。古来より奄美に伝わる伝統技法泥染めをはじめ天然染色を行い、豊かな自然を染めを通じて色と先人の知恵を共有し、様々な分野からのニーズに応える天然染色を行っている。昨年はオランダにて奄美史上初の海外での泥染めワークショップを敢行した。

47-repair-care

47 REPAIR & CARE −
47都道府県の修理と手入れ展−

会期:2018年4月5日(木)- 6月11日(月)会場:d47 MUSEUM
大量生産・大量消費の時代も終わり、ものを買わない、持たない若い世代も増える今、修理や手入れをすることで長く使い続けられるという安心感が、ものを選ぶ際の大切な基準として、これから改めて重要視されると考え、本展を企画しました。各地の資源、技術、風土と関わりを持ち、私たちの暮らしに関わる修理方法やお手入れの道具を紹介します。この展覧会を通して、つくる、売る、使うというそれぞれの立場から、修理や手入れをしながら長く使うことについて、改めて考える機会になればと思います。