D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

_mg_8619

食の安心・安全・おいしさを作り手から学ぼう

食の語り部講座

主催:良い食品づくりの会

協力:D&DEPARTMENT PROJECT

お問い合わせ:d47(03-6427-2301)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

良い食品博覧会では、「良い食」とは何かを考え、正しい食品の選び方について学ぶセミナーとして「食の語り部講座」を2日間にわたって同時開催します!

毎日食べる身近な食材だからこそ、良いものを選んで欲しい。普段はなかなか出会えない、食のつくり手たちの想いに触れ、試飲や試食を交えながら、直接対話できる勉強会です。

5月26日(土)開催講座

0527_12-13_web_%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e8%91%a1%e8%90%84%e9%85%92

1「 味、香り、色、美味しいワインの魅力を五感で学ぶ」

〜テイスティングの基本から学び、原材料のぶどう品種の違いや、生産される畑の違いまで、感覚を結びつけて学ぶ〜

この講座では、中央葡萄酒の柿嶋 一郎さんをお招きし、「そもそもブドウの品種には何があるの?」「なぜ山梨がワインづくりに適しているの?」といった日本のワインの基本にはじまり、実際にワインを飲み比べながら「良いワインとは?」を学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月26日(土)11:30–13:00
講師:山梨県「中央葡萄酒」柿嶋 一郎(営業部)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具

natto_murata

2「時間をかけてつくる納豆がもつ、納豆菌の発酵力」

〜原材料の大豆の違いや発酵時間の違いを食べ比べる。さらに経木を使った納豆づくり体験も〜

この講座では、村田商店の村田 滋さんをお招きし、「国産大豆と輸入大豆は何が違うの?」「そもそもどうやって納豆は作られているの?」といった“納豆”にまつわる疑問を解き明かし、実際に村田さんから教わる『納豆づくり』を通して「良い納豆とは?」を学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月26日(土)14:00–15:30
講師:長野県「村田商店」村田 滋(代表取締役社長)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具、エプロン、タオル ※「納豆づくり体験」があるため

web_%e9%95%b7%e5%b7%a5%e9%86%a4%e6%b2%b9_1750x1166

3「全ての原材料には意味がある。日本の食文化を支える本来の醤油」

〜有機大豆を無添加で作る醤油は他と何が違うのか。食べ比べを通して、発酵調味料の魅力を再発見〜

この講座では、チョーコー醤油の花岡 陽さんをお招きし、「そもそも“本来”の醤油とは何か?」「安心安全な醤油はどう見分けるのか?」など醤油の基礎知識から、原料である大豆の選定方法と無添加の醤油づくりへのこだわりまで、食べ比べを通して身近な調味料について学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月26日(土)16:30–18:00
講師:長崎県「チョーコー醤油」花岡 陽(技術部)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具

5月27日(日)開催講座

daikin_mainimage

4「良いハム、良いベーコン、良いウインナーって何だろう」

〜食肉加工食品と添加物の関係を、食べ比べを通して学ぶ時間。身近な食品だからこそ知っておくべき現状を知る〜

この講座では、大近の森 勝義さんをお招きし、「そもそもハムやソーセージの添加物って大丈夫なの?」といった食肉加工食品に関する基本や現状をはじめ、食べ比べを通して「良い加工食品とは?」を学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月27日(日)11:30–13:00
講師:大阪府「大近」 森 勝義(ハム工房 たくみ亭 工場長)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具

tofu_kubosan

5「天然素材でつくる豆腐の美味しさを、豆腐づくりを通して学ぶ」

〜国産大豆・天然素材にこだわる理由は何か。加工過程で使われることのある「消泡剤」は本当に必要なの?〜

この講座では、久保食品の久保 隆則さんをお招きし、「なぜ製造過程で“消泡剤”が一般的に使われるのか?」「国産大豆にこだわる理由とは?」といった“豆腐”にまつわる基本から、実際の豆腐づくり体験を通して「よい豆腐とは?」を学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月27日(日)14:00–15:30
講師:香川県「久保食品」久保 隆則(代表取締役社長)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具、エプロン、タオル ※「豆腐づくり体験」があるため

100001_3

6「本当に美味しいかつお節は何が違うのか」

〜一本釣りの鰹でつくるかつお節のおいしい理由を知る。2種の出汁をひき比べ、飲み比べる体験も〜

この講座では、タイコウの稲葉 泰三さんをお招きし、「荒節と本枯節の違い」にはじまり、一本釣りの鰹が美味しい理由など、かつお節職人と共に築いてきた確かな品質を、出汁の飲み比べを交えて学びます。

●WEB申込みはこちら

日時:5月27日(日)16:30–18:00
講師:東京都「タイコウ」稲葉 泰三(代表取締役社長)
参加費:1,500円(税込)
持ち物:筆記用具、エプロン、タオル ※「出汁とり体験」があるため

お申込み方法

● 店頭 →d47食堂(渋谷ヒカリエ8階)  ● 電話→d47(03-6427-2301)
※お申し込みの際には以下をお伝え下さい
 ①タイトル ②お名前 ③お電話番号

aima

司会・聞き手:相馬夕輝(あいまゆうき)

(D&DEPARTMENT PROJECT d47食堂ディレクター)
2003年D&DEPARTMENT PROJECTに参加。大阪店・東京店店長を経て、2009年代表取締役社長に就任。ダイニング事業のディレクターとして日本各地を取材し、その土地の食材を活かしたメニュー開発にも携わる。