D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

r0002400

「47 REPAIR & CARE」展 関連ワークショップ

白雪ふきん「ふきんの刺し子ワークショップ」

お申し込み方法 電話(03-6427-2301)/d47店頭(渋谷ヒカリエ8階)
・お申し込み時にお名前、ご参加人数、ご希望時間をお知らせください
・針と糸は貸し出しいたします

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

刺し子をして、ふきんを最後まで使う

「白雪ふきん」は丈夫なので、雑巾になる最後まで使い続けられます。使い続けていくと、漂白しても取れないシミができたり、ほつれて布地に弱い部分がでてきたり、、、そんな時は「刺し子」をすると、丈夫さが増して更に使い続けられます。今回は、新品の白雪ふきんに刺し子をするワークショップを開催します。自由な発想で、“ちくちく”と刺し子を施す時間を一緒に楽しみましょう。白雪ふきん、材料、道具はご用意しております。

r0002393

これは使い古した白雪ふきんを、タマネギの皮で染め、刺し子を施したもの。こんな風に楽しく、使いやすく、最後まで使い続けることを考えるきっかけになればと思います。

r0002225
ワークショップでは、新品の「白雪ふきん」に刺し子をします。一度コツを覚えて、是非ご自宅でお使いのふきんにもアレンジしてください。

2737419958226383_1

白雪ふきん

長年蚊帳製造業を営んでまいりましたが、昭和40年より蚊帳生地ふきんを製造販売致しております。東大寺、大仏様の年に一度のお身ぬぐいには、永年献納させて頂いております。真っ白なふきんに刺し子をするワークショップをする活動「刺し子の時間」を行っております。

47-repair-care

47 REPAIR & CARE −
47都道府県の修理と手入れ展−

会期:2018年4月5日(木)- 6月11日(月)会場:d47 MUSEUM
大量生産・大量消費の時代も終わり、ものを買わない、持たない若い世代も増える今、修理や手入れをすることで長く使い続けられるという安心感が、ものを選ぶ際の大切な基準として、これから改めて重要視されると考え、本展を企画しました。各地の資源、技術、風土と関わりを持ち、私たちの暮らしに関わる修理方法やお手入れの道具を紹介します。この展覧会を通して、つくる、売る、使うというそれぞれの立場から、修理や手入れをしながら長く使うことについて、改めて考える機会になればと思います。