D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

dweb_kamaasa_dschool_02_1004x669

d SCHOOL

わかりやすい庖丁研ぎ

※1回4名の少人数制のため、お申し込み後のキャンセルはお断りしております。万が一キャンセルされる場合、7日前までにご連絡ください。

主催:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA

協力:釜浅商店

お問い合わせ:お問い合わせ:静岡店(054-238-6678)

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

NIPPON VISION MARKET「東京 釜浅商店の良理道具」の開催に合わせ、釜浅商店の柞山祐一郎さんを講師にお迎えし、庖丁の研ぎ方、お手入れ方法を学ぶd SCHOOLを開催します。

庖丁の切れが悪くても手入れの方法が分からなかったり、研ぎ屋さんに出すのが面倒になってしまって、なんとなく切れないまま使い続けている方も多いと思います。
良く切れる庖丁でする料理は、使い心地の良さだけでなく、仕上がりも美しいもの。また研ぎ方は一度覚えると、自宅でも実践できるので、快適に長く道具と付き合うことができます。この機会に、庖丁と長く付き合い続けていく方法を身につけてみませんか。

このd SCHOOLでは、作業時間にばらつきが出ないよう、そしてご自宅でも復習してもらえるように、庖丁はこちらで用意したものを研いで頂きます。少人数での会ですので、しっかり学ぶことができます。会の最後には研ぎ方の資料もお渡しします。ご自宅で何度か練習を重ね、庖丁研ぎの技術を自分のものにしていきましょう。

dscn4899

【参加される方へ】

釜浅商店スタッフ指導のもと、荒砥石、中砥石、仕上げ砥石と砥石を使って実際に庖丁を研いでいただきます。所要時間は約1時間半〜2時間となります。

・汚れてもよい服装でお越しください。
・ハンドタオルや手ぬぐい、エプロン持参をおすすめします。
・庖丁と砥石はこちらで用意致します。
・左利きの方は申し込み時にお知らせ下さい。

1612_kamaasa_1-300x225-300x225

釜浅商店

明治41年合羽橋で「熊澤鋳物店」を創業。その後「釡浅商店」と屋号を改める。2011年にはロゴ、店舗、店頭ツールなど全面的にリニューアルし、創業109年を迎える。お客様と道具の出会いの場となることを目指し、良い理(ことわり)のある道具=「良理道具」を伝え続けている。

dweb_kamaasa_dschool_hosayama1

講師:柞山 祐一郎(ほうさやま ゆういちろう)

釜浅商店、庖丁・鉄器フロアマネージャー
富山県出身。飲食関係などの仕事を経て釜浅商店へ。三ツ星の料理人から主婦や学生さんまで、道具の作り手と使い手をつなぐ案内人として多くの方に良理道具を普及。自身も調理師免許を持ち、料理を作る観点からも道具の本質を追及しています。