D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

Print

これからの暮らしかた展 関連イベント

Off-Grid Life Lecture & Talk

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
PASSPORT会員のみなさま、すでに配信は完了しておりますので、まだお知らせのメールが届いていない場合は、以下のアドレスにご連絡ください。返信の際にURLを再度お知らせします。
d47_museum@d-department.jp
*携帯電話のアドレスに届かない場合が多いので、パソコンのアドレスからお送りください *迷惑メールに振り分けられていることも多いようです。今一度ご確認ください。

主催:D&DEPARTMENT PROJECT

お申し込み方法:ウェブ/d47店頭/電話(03-6427-2301)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

4日間限定「Off-Grid Life Lecture &Talk」開催!!

d47 MUSEUM「NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた −Off-Grid Life−」展に関連し、各地で活動する出展者とキュレーターによる様々なテーマの連続レクチャーを開催!私たちが今、当たり前だと思っている暮らしかたの多くは、 戦後に生まれたスタンダードです。 暮らしかたはどんどん変わっていくはずなのに、 たくさんの”ほんの短い時代の常識”に囚われてアップデートできずにいます。これからの暮らしにフィットするエネルギー、食べもの、コミュニティ、働き方にシフトするヒントを得ることで、今よりも個人個人の暮らしは豊かになれるかもしれない。ブラックボックス化した常識のかたまりを、紐解いて未来をつくろうとするリアルな活動から学び、「意外と簡単なんじゃないか」「できるんじゃないか」と、ハッとするきっかけや、暮らしをシフトするための、ポジティブでワクワクする気づきを得る4日間です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

passport2

アーカイブ映像も観れる! Off-Grid Life PASSPORT 受付中!!

「Off-Grid Life Lecture & Talk」を存分に楽しめる‼︎全10回のレクチャーに何回でも参加できる&全レクチャーのアーカイブ映像が視聴できるパスポートです。

8,000円(税込)
※お申し込み時に参加予定レクチャーをお伺いさせていただきます(後日変更可能)
※10月8日 「クロージングトーク」は対象外となりますのでご注意ください
→クロージングトークの映像も追加配信が決定しました!(会場でご参加いただく場合は、別途お申し込みと参加費のお支払いが必要です)
※レクチャーの追加があった場合は、そちらも対象となります

お申し込み受付は終了いたしました

今からお申し込みでも、9月開催分のレクチャーも配信されます!

遠方の方のご要望にお応えして!パスポートにお申し込みの方には全レクチャー&クロージングトークの映像が配信決定‼︎
もちろん、今からお申し込みの方にも、すでに開催終了した分のレクチャーも含めた全ての会が配信されます。
登録完了時に配信URLが送られますので、そちらからご視聴ください。

配信方法など、パスポートに関するご質問をこちらにまとめましたのでご確認ください。

*既にお申し込みの方でまだ配信メールが届いていない場合*

既に登録済みのお客さまで、まだアーカイブ映像のURLが送られて来ていない方は、登録のアドレスに問題がある可能性があります。お手数ですが d47_museum@d-department.jp までご連絡ください。再送させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月9日(土)

ta_usi

Lecture1 わざわざ行く店

日時 9月9日(土)11:30-13:00(開場11:00)
講師 渡邉麻里子(タルマーリー)× 宮本篤(USHIO CHOCOLATL)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

わざわざ行かないと行かない人気店とは。「それで儲かってるんなら、そっちの方が利益率高くって幸せじゃないですか?」という仮説の元、お二人から聞き出します。

re_no

Lecture2 ゴミをいかして未来をつくる

日時 9月9日15:00-16:30(開場14:30)
講師 東野唯史・華南子(ReBuilding Center JAPAN)× 野原健史(のはら農研塾)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

ゴミとマジメとセンスがマリアージュした時に起こる、“すんげー未来の景色”を垣間見たとき、きっとみなさんも、ゴミがゴミに見えなくなるはず。

ta_ho

Lecture3 まちの空気をつくる小商い

日時 9月9日17:30-19:00(開場17:00)
講師 本郷紘一(SENDAI COFFEE STAND)× 立道嶺央(POMPON CAKES)
聞き手 聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

コーヒー屋さんのようで、コーヒー屋さんだけでは語れない。ケーキ屋さんのようで、ケーキ屋さんだけでは語れない。彼らの仕事にはまちや仕事がどう映っているのか、まちと自分の関わりかたの新たな視点が生まれるかも?!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月10日(日)

ta_hi

Lecture4 これからの暮らしかたって何だ?

日時 9月10日(日)11:00-12:30(開場 10:30)
講師 田中辰幸(ツバメコーヒー)× 小倉ヒラク(発酵デザイナー)
聞き手 聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

見えない事象を言語化したり、見える化するのが得意な2人。今回の《これからの暮らしかた》って言葉にするとなんだろう?を、お2人の力を借りて紐解きたい! みなさん、言語化の瞬間に立ち会ってください。

mo_ab

Lecture5 可能性を見つめ直して仕事をつくる

日時 9月10日(日)14:30-16:00(開場14:00)
講師 森下静香(Good Job! Center KASHIBA)× 阿部裕志(巡の環)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

障がいがある人がどう働くか、離島でどう仕事をつくるか、効率重視の社会では光が当たりにくかったことに価値を見出し仕事をつくっている発想の転換力や行動力を紐解きます。

sa_ta

Lecture6 快適でかっこいい、家づくり最前線

日時 9月10日(日)17:00-18:30(開場 16:30)
講師  佐藤欣裕(もるくす建築社)× 高岡文紀(アーキテクト工房Pure)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

快適でカッコよくてエコ。もはや選ばない理由がなく、「間違いなく未来の家はこっち!」と竹内と伊藤が断言できる家づくりを地方都市で進めるお2人に、これからの住宅がどうなっていくのかを聞いてみます。これから家づくりする方々は、絶対、聞いた方がいい。

id_na

Lecture7 これからのエネルギー

日時 9月10日(日)19:30-21:00(開場 19:00)
講師 井筒耕平(あわくら温泉 元湯)× 中嶋健造(土佐の森・救援隊)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

林業にまつわることを、普通に暮らしていると耳にしない。森林を活用すれば《日本は資源大国》という可能性とそこに立ちはだかる壁について、バイオマスボイラーの活用と林業の現場から、語ってもらいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月7日(土)

gest_main

Lecture8 宿がつくる、まちのグルーヴ

日時 10月7日(土)16:00-17:30(開場 15:30)
講師 宮本吾一(Chus)× 塩満直弘(萩ゲストハウスruco)× 遠矢弘毅(Tanga Table)
聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

旅で行くなら、地元密着型のホステルやゲストハウスが魅力的。外の人と、中の人をつなぐ《宿》の可能性を、課題を知ることは、きっと日本の可能性を探ることになるのでは。なにより、魅力的なオーナー3人に会ってほしい!

宮本吾一(Chus)
1978年、東京都生まれ。裏那須地域で直売所、飲 食店、ゲストハウスを含む複合施設「‡Chus」を経営。 ポップアップレストランやパンマルシェ、ライブな どを企画・運営し、地方の一飲食店を通してできる文 化づくりに挑戦中。

塩満直弘(萩ゲストハウスruco)
萩市街地を流れる水路のように、訪れる人と萩市、 山口県の日常をつなぐ場所にしたいと、2013年にゲストハウスをオープン。2016年より、山口・山梨・山 形それぞれの土地でモノ・コト・ヒトが行き交う人の 流れをつくる「さんてん」に参加。

遠矢弘毅(Tanga Table)
1967年、鹿児島県生まれ。働くこと、暮らすことの 新しい可能性を試しつつ「楽しく生きる」をつなぐ活 動を続けている。起業支援カフェの運営、エリアマ ネジメント会社、社会起業家支援団体の設立を経て、 ‰‡Š†‡Hostel and Dining Tango Table 設立。

satoyama

【追加!!】 ないものねだりからあるものみっけの暮らしかた(里山暮らしと伝統の再読)

日時 10月7日(土)18:30 – 20:00(開場 18:00)
講師 萩野紀一郎 (萩野アトリエ/まるやま組)×伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)
聞き手 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

みんなが欲しがるものを欲しがると競争率が高い。奪い合いになったり、たくさんのお金が必要になったりする。ではその逆、そこに”あるもの”で暮らしをつくれたら、どうなるんだろう?里山と、中途半端な住宅街に暮らす2人の視点は、きっとあなたの暮らしのヒントになるはず。

萩野紀一郎 (萩野アトリエ/まるやま組)
1964年、東京都生まれ。建築家。富山大学芸術文化学部准教授。アメリカから移住し、能登の里山にくらす。地元の人と訪問者がともに学び合う場をつくろうと自宅を解放。耕作放棄地の活用や畔豆のある景色の復活をめざして、活動する。

伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)
1983年、北海道生まれ。暮らしにまつわる常識をつくり直すための広告、編集、映画制作などを手がける。札幌国際芸術祭2014に坂本龍一ゲストディレクターに指名され、自らの暮らしをアート作品として発表。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月8日(日)

izu_usu

Lecture9 水辺を考えると、暮らしが豊かになる

日時 10月8日(日)11:30-13:00(開場 11:00)
講師 泉英明(水都大阪有志チーム)× 臼本隼也(渚の交番青島プロジェクト実行委員会)
聞き手 聞き手 伊藤菜衣子 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

《水に流す》というように、日本では水は不都合を流す場所でした。ゆえに、大事にされていない場所だったのかもしれません。その水の辺りをどうリデザインしていくか、これはきっと目をつぶっていたいろいろなことに向き合うってことなんだと思います。

泉英明(水都大阪有志チーム)
1971 年、東京生まれ。ハートビートプラン代表、水都 大阪パートナーズ(„2013-16)理事。水辺公共空間の リノベーション「北浜テラス」、水辺の新たな価値を 創造する「水都大阪」などに関わる。

臼本隼也(渚の交番青島プロジェクト実行委員会)
1981年長崎県生まれ。大学時代にサーフィンと出会 い、自分らしくあり続けるために海を求めて宮崎市へ 就職。観光地青島のまちづくりに従事するとともに、 サーフィンの社会的地位向上に向けてNPO活動にも 取り組む。宮崎市観光戦略課職員。

no_fu

Lecture10 食べものと流通

日時 10月8日(日)14:30-16:00(開場 14:00)
講師 野口勲(野口種苗研究所)× 藤田和芳(大地を守る会)
聞き手 伊藤菜衣子 × 後藤正文 × 竹内昌義
お申し込みは終了致しました

《食べていく》という本質を、長年考えてきた、2人の先人に語ってもらいます。《絶望のその日まで、希望の種を蒔く》という野口さんの言葉、《小さな自己決定が世界を変えていく》という藤田さんの言葉が、この展示を総括するようなものになると思っています。

野口勲(野口種苗研究所)
1944年東京都生まれ。漫画家・手塚治虫氏の担当編 集者を経て、種苗店の 代目を継ぐ。人類が何万年も かけてタネ採りを続け、各地の風土に定着してきた 本物の野菜を復活させるため、自家採種できる固定 種のタネだけを販売している。

藤田和芳(大地を守る会)
1947年、岩手県生まれ。1975年に有機農業普及のための‰ˆNGO「大地を守る会」を立ち上げる。日本の第一 次産業を守り育て、人々の生命と健康を守り、持続 可能な社会を創造するソーシャルビジネスとして有 機野菜など生鮮食品の販売を手がける。

three_fix

クロージングトーク

日時 10月8日(日)17:00-19:00(開場 16:30)
ゲスト:伊藤菜衣子 × 後藤正文 × 竹内昌義

お申し込みは終了致しました
*事前キャンセルをしていただいていた方にはお電話にてご参加の可否をお伺いしております。
*当日会場でのキャンセル待ちは受付ておりませんので予めご了承ください。

★入場時に関しまして
Lecture10 にご参加でクロージングトークに参加される方も、レクチャーの終了時には一度会場から退出していただき、改めて受付、入場となります。お席は受付順に自由席となります。受付をお待ちいただくのは14:30以降からとなりますので、予めご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※各回のレクチャー内容は随時追加記載します。
※レクチャーが追加になった場合はこちらのページでお知らせします。