D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

kobayashi

小林洋行さん

2017年8月6日 公開

ガラスの町「富山市」の拠点でもある「富山ガラス工房」。ここでは、ガラス作家を目指す人々が全国・国外から集まります。

2017年7月2日〜8月6日に開催するNIPPON VISION MARKET「富山ガラス工房 15人のグラス」では、富山ガラス工房に所属する作家の皆様に、同じ形のグラスを作って頂きました。今回、製作してくださった作家にお話を伺ってきました。


1.ガラスに夢中に

元々は京都のゲーム制作会社で働いていた小林さん。そんな小林さんがガラスを始めるようになったきっかけは些細なことでした。友人の付き添いでたまたま個人作家のガラス工房に行ったときに、ガラス制作体験をしたそう。ガラス工房がこんな近くにあることに驚いたのと、思うように作れなかったけれどそれが面白いと感じまた作りたいと思ったそう。それからどんどんガラス制作にはまり、教室に通うように。そこの教室の先生が富山ガラス工房出身ということもあり、富山ガラス造形研究所を紹介されたそう。アットホームな環境が気に入って入学した小林さん。それからいくつかの工房を経て現在富山ガラス工房に所属されています。

実は事前にいただいていたプロフィール写真が寡黙そうに見えて気難しい方なのかな・・・と不安でしたが、実際にお会いすると柔らかな話し方でおっとりしていて笑顔がチャーミングな方でした。
 

2.カラフルな作風

これは普段小林さんが制作している作品。「色を使ったり模様をつけるのが好き」という小林さん。

kobayashi

こんなカラフルで可愛らしい動物の置物も制作されています。素朴な表情にほっこりします。小林さんらしい柔らかな雰囲気が出ている作品だと感じました。

kobayashi

小林さんはガラス制作するとき、「頭で考えるよりもまずやってみて、自分なりの作り方を見つける」ということを意識されているそう。「失敗しても、失敗から新しいやり方を見つける」と前向きな小林さんです。

 

3. 新たな挑戦

今回の企画について伺いました。脚付きグラスをつくったことがなかったという小林さん。特にステム(脚)とフット(土台)の部分に苦労したとか。ガラスが冷えないうちに素早くステムとフットをつけなければいけず、さらに中心を取りながら作業するのが大変だったそう。

kobayashi

左のワイングラスの模様は小林さんオリジナルの技法で作られたもの。色がマーブルのようにねじれた不思議な模様です。ちょうどこの模様にはまっていたのでワイングラスにも使用したのだとか。
今回は時間がなかったので同じ模様で富山店でもお取り扱いのあるCHOCOを作るところを見させていただきました。
まず全体に白色をのせ、その上に異なる三色をかぶらないようにのせます。

img_3955

通常であれば色をのせたあとはそのまま膨らましますが、小林さんはジャックと呼ばれる道具を使って挟み込みくびれを作ります。そしてくびれの部分をくいっとひねります。それから膨らませることにより上のワイングラスの模様ができあがるのです。

img_3964
(長い鋏のようなものがジャックです)
 

4.思い通りにいかないからこそ面白い

最後にガラスの魅力を聞くと「吹きガラスは思い通りにならないので次の課題が出てきて面白い」と小林さんは言います。ガラスを始めたきっかけが吹きガラスだった小林さん。小林さんのチャレンジ精神にぴったりだったのかもしれません。
今後の目標も伺うと、「ゆくゆくは個人工房を作って、制作体験教室もできたらいいな」と小林さん。その工房で体験し、小林さんのようにガラスにはまりガラス作家になりたいと思う方が出てくるかもしれませんね。

D&DEPARTMENT TOYAMA 水戸