D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

shimoda

下田顕生さん

2017年8月6日 公開

ガラスの町「富山市」の拠点でもある「富山ガラス工房」。ここでは、ガラス作家を目指す人々が全国・国外から集まります。

2017年7月2日〜8月6日に開催するNIPPON VISION MARKET「富山ガラス工房 15人のグラス」では、富山ガラス工房に所属する作家の皆様に、同じ形のグラスを作って頂きました。今回、製作してくださった作家にお話を伺ってきました。


1.環境の良さに惹かれて

熊本生まれの下田さん。ガラスが楽しそうだったという理由で芸術大学のガラスコースに進学。卒業後は、様々なガラス工房での勤務を経験。そして知り合いのすすめもあり、富山ガラス工房へ。環境や設備が整っていることに惹かれたそう。

下田さんにお会いしてまず目がいったのは髪型。なんとドレッドヘアー。富山にそのような髪型をしている方はあまりいないので少し驚きました。Tシャツの柄も面白く、個性的な方だなという印象を受けました。
 

2.細かなレースと生き生きとした置物

こちらが下田さんが普段制作している作品。これはレースガラスを使用したグラスです。とても繊細な柄ですね。

shimoda

レースガラスとは、下の写真のような透明なガラスの中に模様が入っている棒のことです。(本当はもっと長い棒です。これは箸置き用に短く加工したもの)それらを組み合わせて上のグラスを制作しています。このレースガラスも下田さんが作っているそう。レースのような細かな模様にうっとりします。
shimoda

また日用品以外の作品だと、生き物の置物も制作するそうです。こちらがその金魚と鯉の置物。今にも動き出しそうなほどリアルです。ガラスなので固いはずですが、柔らかな印象を受けます。こういった生き物の置物を作るときは写真を見ながら作るのだとか。
shimoda

 

3.ひと手間の工夫

今回、富山ガラス工房オリジナル素材の越翡翠硝子(コシノヒスイガラス)を使用していただきました。翡翠を含んでおり、柔らかな色合いと質感が特徴です。shimoda

こだわりを聞くと「グラスの底が丸すぎず少し角張った形になるように意識した」と下田さん。
また、飲み口を引っぱり切って、飲み口が繊細になるようにしたそう。ひと手間加えることで、使い心地が良くなるのですね。

shimoda

実際に制作しているところを見させていただいて驚いたのは、そのスピードの速さ。作業のスピードは勿論、常に棒を回しながら制作しているのですが、その棒の回転速度がとても速い。くるくるとリズミカルに回っていました。無駄な動きがないところもかっこよかったです。
 

4.体全体を使ったガラス制作

ガラスの魅力について伺うと、「ガラスの透明感が好き。またガラスは劣化しないので色あせないところも魅力」と下田さん。
また、「ガラスは直接触れられないので、出来たときの達成感がある」とも。確かに、ガラスは冷えるまで数日かかるので完成したものを手に取ったときの達成感や嬉しさは倍増しそうです。私も富山ガラス工房でガラス制作体験をさせていただきましたが、完成品を手に取るまで、どれくらいの厚みなっているかなど仕上がりが想像できませんでした。完成品を手にしたとき、少々不格好ではありましたが納得のいく仕上がりで嬉しく思いました。
さらに、「グラス1つ作るにしても体全体を使う。スポーツみたいな感じ」と下田さんは言います。下田さんはガラスを吹くのがメインで、加工はあまりしないそう。加工は椅子に座って手元だけを動かすので、やはり体を使って作業するのが好きなのだろうと思いました。
最後に今後の目標も。「日用品ではなく置物などのガラス作品で食べていけるようになりたい」と力強く語っていただきました。

D&DEPARTMENT TOYAMA 水戸