D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

nakasu

中須杏奈さん

2017年8月6日 公開

ガラスの町「富山市」の拠点でもある「富山ガラス工房」。ここでは、ガラス作家を目指す人々が全国・国外から集まります。

2017年7月2日〜8月6日に開催するNIPPON VISION MARKET「富山ガラス工房 15人のグラス」では、富山ガラス工房に所属する作家の皆様に、同じ形のグラスを作って頂きました。今回、製作してくださった作家にお話を伺ってきました。


1.絵画からガラスへ

昔から絵を描くことが好きで絵画を学んでいたという中須さん。「絵の重なりやにじみ、グラデーションが魅力的な作家で、その作家の特徴がガラスに似ているということに気づき、ガラスを学ぶことを決めた」とのこと。大学ではガラスコースに所属し、卒業後はさらに深く学ぶ為に、富山ガラス造形研究所の研究科に進学。そして卒業後、富山ガラス工房へ就職されました。

話をお聞きするうちに分かったのですが、実は数年前に中須さんの作品を見たことがあったのです。友人が出展する卒業制作展に足を運んだ際に偶然見たのですが、色鮮やかな色彩と、私が想像するガラス作品のイメージとは異なる作風で非常に印象的だったので記憶に残っていたのかもしれません。ガラスというと、透明感のある作品というイメージがありましたが中須さんの作品は原色のカラフルな色でガラスに絵が描かれていました。絵画を学んでいたというバックグラウンドが影響していたのですね。
 
2.ガラスはキャンバス

中須さんはアート作品と日常使いのプロダクトを分けて制作しているそう。
最近は金彩と銀彩を使用したエナメル絵付けをよく用いるのだとか。こちらは普段作成しているアート作品のアイテム。銀彩で絵付けされたものです。様々なモチーフが使用されていて見ていて楽しい作品です。

nakasu

実際に作業しているところを見させていただきました。リューターで削って描かれた絵にエナメルで絵付けをしています。筆を用いたり、爪楊枝を用いたり、そのときによって使用する道具は変わるそう。絵付けが終わると、焼き付けます。

nakasu

「吹いたガラスはキャンバスにしか見えない」という中須さん。本当に絵を描くことが好きなのだなと感じました。絵を描くときに何をイメージしているのか伺うと、「何を描くか決めないということを決めている。それは直感や瞬発性の美しさを表現したいから」とのこと。
また、中須さんにとって作品は自分を再認識するものであり、後々作品を見てこの時こういうことを考えていたな、と分かるそうです。「出来上がった作品から見える意思はリアルで、そこから発見することや納得することがある」と中須さんは言います。いざ作品を作るときに筆が進むように普段から落書きをしているのだとか。

 

3. 絵が描かれたグラスとブーケのグラス

「ワイングラスは初めて作るので、作ったことのない形に絵を描くのが面白かった」と中須さん。金彩だけで絵を描いたものがこちら。(このワイングラスは売り切れました)

nakasu

もう一つは中須さんの定番アイテムのbouquet(ブーケ)のモチーフを使用したワイングラス。工房に所属してから制作し始めたシリーズだそうで、普段富山店でお取り扱いしているCHOCOシリーズ(写真右)にもbouquetモチーフが使われています。購入してくださる人への気持ちを捧げるという意味がこめられているそう。ワイングラスだと、ステム(脚)の部分がきゅっと締まっているので、よりブーケのように見えますね。
こちらは日常使いの作品です。アート作品に比べてシンプルなデザインにしているのだとか。

img_433
 
4.絵画目線からのアプローチ

ガラスの魅力について伺うと、「ガラスの魅力は他の素材にはないつるっとした素材感。またガラスに描いたものと紙に描いたものは全く違う。ガラスに絵を描いたときの平面でも立体でもない感覚に魅力を感じる」と中須さん。中須さんの中ではガラス=キャンバスなのでガラスは平面のように捉えられます。しかし、やはりガラスは立体です。しかも透けるので、描いた絵の奥にも絵が見えたり、光が入って影が出来たりすると見え方が変わりますよね。そういった面白さに惹かれているのではないかと思いました。
また今後の制作活動についても伺いました。「絵画目線からのアプローチをもっとしていきたい。飾る絵としてのガラスがあったら面白いと考えている。絵画のように、描かれたガラスのブロックを壁にかけたり」と楽しそうに語る中須さんでした。

D&DEPARTMENT TOYAMA 水戸