D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

20170701_kim_top

金東希(キムドンヒ)さん

2017年7月1日 公開

ガラスの町「富山市」の拠点でもある「富山ガラス工房」。ここでは、ガラス作家を目指す人々が全国・国外から集まります。

2017年7月2日〜8月6日に開催するNIPPON VISION MARKET「富山ガラス工房 15人のグラス」では、富山ガラス工房に所属する作家の皆様に、同じ形のグラスを作って頂きました。今回、製作してくださった作家にお話を伺ってきました。


1.ガラスの鮮やかな色に惹かれて、ガラス作りの道へ

元々、大学で美術を学んでいた金さん。大学では、陶芸をはじめ様々な素材を学びましたが、その中でも「ガラスがいちばん魅力的だった」と話します。ガラスを選んだ理由は、その色使いの多彩さ。見せて頂いた色見本には、確かに鮮やかな色が並んでいます。

2017001_kim_1

日本でものづくりをしたい、と考えてたところ、富山ガラス工房を知り日本へ。富山ガラス工房では、個人としての制作活動の他にも、人にガラス作りを教えることや、釉薬の研究など、作家として幅を広げる様々な活動ができるのが魅力とのこと。

私も実際に金さんに教えて頂きながらガラス作り体験をさせて頂きましたが、とてもテキパキと分かりやすく、何よりガラス作りは楽しい!という金さんの気持ちが伝わってくる体験でした。

 

2.ガラスの持つ“柔らかさ・奥行き”を表現したい
金さんの作品をいくつか見せて頂きました。ガラスをパッチワークのようにつないだ作品は、透明な部分から色付きのガラスの厚みが見え、奥行きを感じさせる作品です。ガラスの色も、あたたかみを感じる色。

20170701_kim_2

「ガラスの柔らかな一面を、作品で表したい」と金さんは話します。

作品を作る為には、素材作りから自分の手で行います。様々な色のガラスを切り、組み合わせて、板状にする。とても手間のかかる作業です。

 

3. みんなでひとつの作品を作るのも、ガラスの魅力
今回のテーマとして作っていた頂いた足付きのグラスについて伺いました。足付きのグラスは、普段作らないため、足をセンターにしっかりつける部分など難しい作業もあったとのこと。ですが、新しい形にチャレンジするのは面白いと話されていたのは、さすが作家さん。グラスに足をつける作業は、他のスタッフに手伝ってもらうこともあるのだとか。

「もともと、吹きガラスは、多くの人と力を合わせて作ることも多いのです」と金さん。日本では、1人で作る人が多いそうですが、時間勝負のガラス製作では、複数の人が分担して作業を進めることも多いそうです。金さんは、チームでひとつのモノ作りをするところもガラスの面白いところ、と話します。

 

4.「ぬくもり」と「透明感」
最後に、金さんが感じる、ガラスの魅力をお聞きしました。金さんが思うガラスの魅力は「ぬくもり」と「透明感」。これまでは、先ほど紹介した作品のように、ガラスのもつあたたかな表情を引き出すことを考えて来られましたが、最近は、透明感も改めて美しいと感じるようになったそう。「毎日のお料理に合うガラスの器を作りたい」と今後のものづくりへの思いも話してくださいました。

ガラスの「ぬくもり」と「透明感」。店頭でもぜひ、ご覧ください。

20170701_kim_3