D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

kino_main

「47こども道具展」関連ワークショップ

削って、やすって、木のスプーンづくり

主催:D&DEPARTMENT PROJECT

■お申し込み方法 ご希望のお日にちとお時間帯をお申し付けください
電話(03-6427-2301)
店頭(d47 MUSEUM/d47 design travel store)
★お子様のご参加の場合、年齢をお知らせ下さい

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

自分で削って、ヤスリをかけて、磨いてつくるスプーンづくり

「47こども道具展」の東京都出展者「KINO TOKYO TREE PRODUCTS」は、多摩の木材を使ったカトラリーキットを通じて、日常的に木と触れあい、山を身近に感じるきかっけを生み出しています。

今回は「KINOつくるキット」を使い、どんなスプーンにしようかデザインするところから、カッターで削ったり、ヤスリをかけたり、磨いたりしながら、自分だけのオリジナルスプーンをつくるワークショップです。

ワークショップ参加対象年齢は10歳から大人の方もご参加いただけます。

013_dsc09968-jpg

お申し込み前にご確認ください

カッターを使うワークショップのため、対象年齢は10歳からとさせていただきます。お子様のご参加の場合は、保護者の方と一緒にご参加いただき、お申し込み時に参加されるお子様の年齢をお知らせ下さい。(大人の方も参加可能です。)当日は汚れてもよい服装でお越し下さい。

SONY DSC

KINO TOKYO TREE PRODUCTS

住宅用建材として人工的に杉や桧が植えられたが、国産木材の需要低下から手入れがされない森林が全国で広がっている。東京の森林の7割がある多摩の木材を使い、山の現状を知ってもらおうと、自ら木を削ってカトラリーなどをつくるキットを製作。日常的に木とふれあい、山を身近に感じるきっかけを生む。KINOつくるおやこさじ/2,484円

%e6%9c%a8%e5%86%85-%e5%bd%a9

講師:木内 彩(きうち あや)

神奈川県出身。多摩美術大学卒。WEB・グラフィックデザインを中心に、アートディレクション・企画・ブランディングを手掛ける会社「budori(ブドリ)」のデザイナーとして東京の木をつかったプロダクト「KINO TOKYO TREE PRODUCTS」企画や空間デザインを担当ののち、現在、「KINOつくる先生」としてワークショップを定期的に行っている。