D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

0527_16-17_%e6%a9%98%e5%80%89%e9%85%92%e9%80%a01750x1166

良い食品博覧会2017

信州の米と水、微生物から生まれる伝統の酒づくり

主催:良い食品づくりの会

協力:D&DEPARTMENT PROJECT

お問い合わせ:03-6427-2301(d47)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

 良い食品博覧会では、「良い食」とは何かを考え、正しい食品の選び方について学ぶセミナーとして「食の語り部講座」を2日間にわたって開催します!毎日食べる身近な食材だからこそ、良いものを選んで欲しい。普段はなかなか出会えない、食のつくり手たちの想いに触れ、試飲や試食を交えながら、直接対話できる勉強会です。

 この講座では、長野県「橘倉酒造」の井出民生さんを講師に招き、「吟醸と大吟醸のちがいは?」「そもそも日本酒はどう作られているの?」そんな疑問を、日本酒の歴史や作り方、酒づくりには欠かせない微生物の働き=発酵の話をまじえて紐解きます。

 日本酒づくりの基礎から発酵過程まで、信州の風土や微生物との関わりを、実際に日本酒を飲み比べながら学びます。普段の生活での「良い食品」を選ぶ力、「本物」の味を感じる力を身につけて、日々の生活でも安全で美味しい日本酒を楽しめるようになる講座です。

%e6%b5%85%e9%96%93%e5%b1%b1%e5%8d%83%e6%9b%b2%e5%b7%9d

お申込み方法

● 店頭 →d47食堂・d47 design travel store(渋谷ヒカリエ8階)
● web →こちら
● 電話→d47 design travel store(03-6427-2301)
 ※お申し込みの際には以下をお伝え下さい
  ①タイトル「信州の米と水、微生物から生まれる伝統の酒づくり」
  ②お名前
  ③お電話番号

yoishoku2016main

良い食博覧会とは?

安全でおいしい食品を提供することを目的にした「良い食品づくりの会」から30社が集結し、展示販売会を2日間限定で開催します。併設のd47食堂では、認定品を使った「良い食品食堂」もオープン。関連メニューの提供や、食の生産者によるレクチャー「食の語り部」も行われる、買って、食べて、学べる博覧会です。

橘倉酒造

創業元禄初期より、信州佐久にて酒を醸しつづけること三百有余年。酒は自然の賜、地域に根ざす醸造という生業を通じて、人々の健康と心豊かな食生活に貢献する。製品は製造から最終消費まで、丁寧、親切、正直を旨として取り組んでいる。近年は清酒醸造に使用する麹を使用した「あま酒」や、新ジャンルである「スパークリング日本酒」を発売するなど、伝統ある中にチャレンジ精神をあわせもつ蔵元。

%e4%ba%95%e5%87%ba%e3%81%95%e3%81%be%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9f

講師:井出民生(いでたみお)

橘倉酒造株式会社第18代蔵元。1946年長野県佐久市生まれ。慶應大学卒業後、稼業であり元禄年間創業の橘倉酒造・東京営業所長を経て、1986年に同酒造社長に就任。2006年から「良い食品づくりの会」会長を続ける。

aima

聞き手:相馬夕輝(あいまゆうき)

(D&DEPARTMENT PROJECT 代表取締役社長)
2003年D&DEPARTMENT PROJECTに参加。大阪店・東京店店長を経て、2009年代表取締役社長に就任。ダイニング事業のディレクターとして日本各地を取材し、その土地の食材を活かしたメニュー開発にも携わる。