D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

3月マーケットアイキャッチ

3月“d market”レポート

2017年4月2日 公開

吹く風はまだ少しひんやりとしていますが、
桜のつぼみも少しずつ色づき始め、春がもうそこまで来ている3月。
冬季期間お休みしておりました、生産者さんからの直売会“d market”が25日に開催されました。

今回の生産者さんは以下の通り。
・国吉農林振興会さん
くによしりんごジュースでお馴染みの国吉さんからは、ショップでも販売しているりんごジャムの大容量版をお持ちいただきました。
img_8e6dd8a6a383-1_convert_20170331172307
こちらのジャムは、国吉さんのある高岡市内の学校給食にも登場しています。
パンにつけたり、ヨーグルトに混ぜたり、ケーキの生地に練りこんだりと、様々な味わい方があります。

・富山紅茶の会さん
ショップ・ダイニング共に取り扱いのあるくれは紅茶とあさひ紅茶。今回はそれに加え、富山市の新たな特産物として様々な取り組みがなされているエゴマを使用したエゴマリーフティーや、県産のりんごをドライ加工にして紅茶に浮かべるアップルティーなどをご用意いただきました。
代表の下田さん曰く、富山の紅茶は外国産の紅茶に比べてカフェインや渋みが少ない、優しくすっきりとした風味なんだそう。
紅茶3月マーケット
たくさんの方がそれぞれの紅茶の風味の違いを楽しんでいました。
・土遊野さん
無農薬で作られた甘く新鮮な野菜や、無添加スイーツ、パンなどをお持ちいただきました。
特に人気が高かったのがスイーツ。優しく素朴な味はスタッフからも人気があります。
私は、くるみパンを購入。
3月マーケット土遊野
フライパンで弱火でゆっくりと焼き、少し水を差すとふんわりと、小麦粉や天然酵母の香りが引き立ちました。

・島川あめ店さん
島川さんからは、麦芽水飴つかった、様々な商品をお持ちいただきました。
今回は春限定の「さくらさくら」が並びました。桜の塩漬けを一度水に戻し、あめにその花びらを練り込んだ飴は、口の中でふわっと桜が香ります。
私のおすすめはスティックタイプの麦芽水飴。封を切って口に入れ、チューっと一口。10gと食べ切りやすいサイズです。忙しい朝やちょっとしたおやつとして、登山の際の行動食として、麦芽水飴を生活に取り入れられるのも嬉しいポイントです。
3月マーケット島川

当日は天気も良く、たくさんの方に足をお運びいただき、ありがとうございました。
来月は、4月16日(日)の開催予定。スペシャルゲストとして、香川県より、いりこのやまくにさんが出店予定!
お楽しみに。

D&DEPARTMENT TOYAMA DINING プロジェクトスタッフ 野村斗萌