D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

Print

-ガラスのシェルフ/飾りながら収納する-

Single8(シングルエイト)展

全ての商品が受注生産となります。
ご購入より約1〜2週間ほどでお届け可能です。

主催:D&DEPARTMENT OSAKA
お問い合わせ:06-4391-2090

ガラスのショーケースで収納用品の可能性を広げることは出来るのか。陳列や見せるためのケースから、何がどう変わったら、収納力も兼ね備えた家庭で使いやすいショーケースに変わるのだろうか?

難波にある大阪陳列株式会社 (ガラスショーケースの専門店)の牧寛生さんと出会って、約5年。使うと楽しいだろうなという思いとは裏腹に、家庭で使うのにそんなに大きくてどうするのか?そんなにハードで重くてどうするのか?=趣味趣向に偏ったものとしか考えられないという結果しか思いつきませんでした。家庭で使うにはやはり軽くて丈夫な素材が求められるし、尚且つ、コンパクトであることが優先されるだろう。

そこで出会ったガラスのショーケースがその牧さんが始めた自身のレーベル、Case By Case(ケースバイケース)で展開しようとしていたSingle8 (シングルエイト)でした。1973年から生産が開始され、それまでガラスの四隅を金物で固定していたケースが主流の中、「より簡単で安全に使えるケースを」と、日本で初めてのアルミフレーム卓上型ショーケースとして誕生。アルミは耐食性に優れ、ガラスが割れた時には取り替え可能ですので、大事に使えば一生付き合うことのできるまさにロングライフなショーケース。

軽くて、耐久度のあるアルミフレームに、コンパクトなサイズ感。私の知る限りでは3種類だと思っていたら、実は30種類以上もあるサイズバリエーション。

本企画展ではトータル30種類以上ある中から、家庭でも使用しやすいであろうサイズに絞って (それでも10種類以上はあるかな。。。)、皆さんにご紹介できればと考えております。もちろん、ドーナツ屋さん、パン屋さん、喫茶店、民藝店などなど、お店をやられている方にも。

ガラスのショーケースというよりもガラスのシェルフという言葉が当てはまるSingle8 (シングルエイト)。たくさんの方々にまずは知っていただきたいと思っています。皆さまのご来店、お待ちしております。

img_4854