D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

dschool_ryoripsd

クラフトバイヤー 日野明子さんに学ぶ

d SCHOOL わかりやすい台所道具ー竹・漆編ー

お使いの台所道具でお手入れについて悩んでいるものがあればお持ちください。
日野さんに状態を見ていただき、お手入れ方法について伺います。
竹・漆以外でも構いません。お一人様一点まで。

主催:D&DEPARTMENT TOYAMA
お問い合わせ:富山店(076-471-7791)
お申し込みフォームはこちら

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

扱い方が難しそうで躊躇してしまう道具や、
予期せぬ変化に戸惑い日常使いから遠ざかってしまっている道具はありませんか。

今回のdSCHOOLではそんな道具達と永く付き合うお手伝いをさせていただきます。
道具について一歩踏み込んで向き合い、変化を楽しみながら付き合う方法を学びましょう。

講師はクラフトバイヤーとして様々な道具と出会い、直接作り手と対話してこられた日野明子さん。
道具の素材の特徴やお手入れ方法、
今更人には聞けない道具にまつわるあれこれをお伺いします。
また、月替わりで日本各地の良いものをご紹介しているコーナー、NIPPON VISON MARKETでは10月に鹿児島県の八木竹工業、11月に岩手県の浄法寺の漆を特集予定です。
それぞれの素材の特性や手入れについて、学んでから生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

このdSCHOOLを通し、皆さんの道具が出会った時より使い込むことで良い道具になっていく。そんな付き合い方のお手伝いができれば嬉しいです。

Processed with VSCOcam with f2 preset

講師:日野明子(スタジオ木瓜)

クラフト関係のバイヤー、スタジオ木瓜代表。共立女子大学家政学部生活美術学科在学中にクラフトの育成に尽力されたデザイナー故秋岡芳夫氏に影響を受ける。松屋商事(株)を経て、1999年独立し、スタジオ木瓜設立。一人で問屋業を始める。百貨店やショップと作家・産地をつなぐ問屋業を中心に、素材を限定せず、生活用具の展示会や企画アドバイスなどを行っている。 現場には出来るだけ行ってみる、という主義。ものをつくる人と使う人を繋げる為に取材協力なども行う。
http://utsuwacafe.exblog.jp/