D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

20160225_Dtop

d SCHOOL

わかりやすい和紙 – 富山県の八尾和紙 -

主催:d47 design travel store(D&DEPARTMENT PROJECT)

協力:桂樹舎

お問い合わせ:03-6427-2301(d47 design travel store)
お申し込みフォームはこちら

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

d SCHOOL わかりやすい和紙 - 富山県の八尾和紙 -

厚く、揉み込まれた丈夫な紙に、古さを感じさせない鮮やかな柄。桂樹舎が作る和紙製品の特徴です。桂樹舎のある富山県八尾町は、越中売薬の発展とともに、主に薬包紙として和紙産業が栄えました。しかし近代化の中で多くの和紙工房が消え、今では「桂樹舎」1軒が残るのみです。

今回は「桂樹舎」代表の吉田泰樹さんをお迎えし、先代・吉田桂介氏と染織家・芹沢銈介氏との出会い、そこから生まれた「型染め」の技法と図案について伺います。そして今も、手漉きで一枚一枚作り、染め、手間をかけて作られる八尾和紙。それがなぜ今の時代にも残り続けるのか、その理由も探っていきたいと思います。

20160214_わかりやすい和紙deve

NIPPON VISION MARKET 富山 桂樹舎の和紙と型染

室町時代から続く「八尾和紙」の最後の工房「桂樹舎」。手で漉かれた丈夫な和紙に、「型染め」と呼ばれる技法で染めた鮮やかな柄が目を引きます。「桂樹舎」の特徴とも言える丈夫さ、鮮やかさを生かした、名刺入れやブックカバー、座布団などの和紙製品をご紹介します。

■開催日時
2016年3月1日(火)-3月28日(月)
詳しくは、こちら