D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

大野屋dschoolメイン

d SCHOOL 大野屋さんに学ぶ木型の和菓子

持ち物:ハンドタオル

主催:D&DEPARTMENT TOYAMA /協力:大野屋

店頭またはお電話にてお申し込みを承ります。

お問い合わせ:076-471-7791(D&DEPARTMENT TOYAMA)

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

富山県高岡市は寺院が多く、古くから法事や様々な行事のために
木型を用いて作られる落雁などの干菓子が発展してきました。
中でも大野屋は高岡で170年以上に渡って和菓子を作り続けてきた、伝統的な和菓子屋です。
現在では、約800~1000種類の貴重な和菓子製造用の木型が残されており、
今でも木型を用いながら和菓子作りをされています。

D&DEPARTMENT富山店で定番で取り扱っている大野屋の高岡ラムネは、
伝統的な落雁製造用木型を用いて、若い方達にもっと和菓子を楽しんでもらいたい
という思いから生まれました。
そこで今回は、9代目社長の大野隆一さんと職人の尾山祥恵さんをお招きし、
木型や和菓子のお話をお伺いしながら、季節の生菓子を作るワークショップを開催します。
貴重な木型の中から、お好きな型を選んでいただき、尾山さん指導の下
2種類の生菓子を作っていただきます。

このdSCHOOLを通して、木型を用いた和菓子の魅力を知っていただければ幸いです。

image_ohno

9代目社長:大野隆一

昭和23年高岡山町筋の木舟町に生まれる。
大学卒業後東京の特許事務所の勤務を経て、昭和52年春に大野屋に入社。
七代目恵吉、八代目隆の意志を継いで原料にこだわりながら最良のお菓子を目指す。
昨今は日本のお菓子の歴史や高岡の文化とお菓子の関係などについて感心をもち、これまでの経験と知識を生かしながら、高岡や和菓子の文化・歴史などについて伝える活動も行っている。

image_oyama

和菓子職人:尾山祥恵

高校の調理科を卒業後、和菓子職人として大野屋に入社。
勤続3年となる大野屋の若手ホープ。
女性ならではの感性を生かし、繊細な上生菓子作り にも挑戦している。
最近めっきり腕を上げたと評価も高い。