D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

toyama-main151221ds2

d SCHOOL

わかりやすい「しめ縄」

主催:D&DEPARTMENT TOYAMA

協力:ひえばた園

お問い合わせ:富山店(076-471-7791)

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

自然栽培の稲わらと、魚津の山の恵みで、しめ縄を作ろう。

魚津市で、自然栽培の米づくりを行っている「ひえばた園」の稗苗良太さんと奥様の史絵さんをお迎えし、冬の農家仕事のひとつだという「しめ繩」作りを、ワークショップで行います。

地域ごとで、作りや由来なども違うという「しめ縄」ですが、今回は、稗苗さんたちが暮らす魚津周辺のやり方。今年「ひえばた園」で収穫した自然栽培の稲わらと、魚津の山の恵み、南天の実や松の枝などを組み合わせて作ります。自分で作ったしめ縄で、新年を迎えるのはいかがでしょうか。

しめ縄作りを通じて、稗苗さんご夫婦から、自然栽培の米づくりや、魚津のお話などをお伺いします。
ワークショップのあとは、「ひえばた園」の自然栽培米を使ったおむすびランチを、参加者みんなで食べましょう!

※当日は、床に座り、足で繩を抑えながらの作業となります。汚れても良い、動きやすい格好でお越しください。靴下もお忘れなく!

toyama-3

稗苗良太・史絵(ひえばた園)

魚津市で自然栽培の米づくりを行っている農家。
良太さんは、今年で就農3年目。魚津市周辺の環境と向き合いながら、自然の力を用いて農業を営んでいる。商品のパッケージは、奥様の史絵さんが担当。デザインから活版印刷まで行っている。
来年は野菜作りや、魚津の集落を紹介していくイベントを企画予定。