D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

shiga

ヒトミワイナリー

2014年12月23日 公開

“滋賀のテロワール”を目指すワイナリー 東近江市の「ヒトミワイナリー」の醸造家・岩谷澄人さんは、国産葡萄100%、契約農家の葡萄を使ってワイン造りをするだけではなく、生産者の想いを知るために自ら葡萄栽培を始め、農産物としての美味しいワイン造りに、心から取り組んでいる。約50の同社ワインの中でも、代表格は「田舎式微発泡にごりワイン h3シリーズ」。にごりの状態で瓶詰めして瓶内1次発酵させた、すこぶる果実感のあるワインシリーズ。現在、青森など他県の葡萄も使用しているが、これからは滋賀の葡萄だけで滋賀の味を創り出すテロワール(葡萄ができ、ワインがつくられる生育環境全体)に挑戦しようとしている。私は応援を続けていきたい。(相馬夕輝/D&DEPARTMENT PROJECT)