D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

okayama

倉敷国際ホテル

2015年2月19日 公開

市民に愛される、クラシックを貫き通すホテル 派手ではないが、一種の重々しさと、優美さを、併せ持つホテルだ。設計は、倉敷アイビースクエアなども手がけている、浦辺鎮太郎の倉敷建築研究所(現・浦辺設計)。1964年度の日本建築学会賞を受賞している。棟方志功の版画をはじめ、内装・調度品など、落ち着いた歴史を感じさせる。改築も同じ設計事務所が手がけたことは、「設立当時と変えない」という意思を感じる。倉敷に行った際、仕事先の社長にこちらに泊まる旨を伝えた。とても喜ばれていたことで、市民にとっての誇りでもあることがわかった。(日野明子/スタジオ木瓜)