D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

okayama

三宅商店

2015年2月19日 公開

“地元愛”の気持ち育む町家喫茶 白塗り壁の町家が並ぶ倉敷美観地区。本町通り沿いに、戦前からの日用雑貨・荒物屋だった建物と、その屋号を受け継いだ「三宅商店」の重厚な看板が見える。入り口の引き戸を開けると土間が広がり、初夏の昼過ぎでも空気がひんやりしていて気持ちがいい。「三宅カレー」は、季節の野菜がたっぷりの優しい甘さだ。季節限定のパフェが大人気。「春のいちごパフェ」は岡山産のおいしい苺をたっぷり使用し、彩りも鮮やか。食べると、歩き疲れた体が、すぐに復活。暮らしや地域の豊かさを伝える雑誌「暮らしき」も発行する店主の辻信行さんは、倉敷で3つの店舗を経営し、昔ながらの地域コミュニティーを取り戻そうと尽力している。近所の人々や観光客でにぎわう、ぜひ立ち寄りたい歴史空間店。(小倉千明/物好きライター)