D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

019-47-003-1ph_1600

クラムボン

2014年12月20日 公開

焙煎機が“中心の”喫茶店 小学生の頃、国語の教科書で読んで以来、大好きな作品がある。谷川の底に住む、蟹の兄弟の世界を描いた宮沢賢治の物語「やまなし」だ。盛岡には、この物語に登場する架空のいきもの「クラムボン」と同じ名前の店がある。黒い扉を開け店内に入ると、しっとり暖かい空気に包まれる。カウンターが5席にテーブル席が3つというこぢんまりとした店内。ここでは自家焙煎の珈琲を楽しむことができる。香ばしい匂いが店内に立ちこめ、お店の人が珈琲豆を見る時のサラサラという音が、耳に心地いい。肌に触れる暖かい空気、香り、音……。私も蟹たちのように、やわらかい水の中にいるような、そんな感覚に浸ってしまう。(岩渕沙紀/岩手県立大学)

  • 岩手県盛岡市紺屋町5-33
  • 019-651-7207