D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

IMG_8967

1月のコーヒー豆のご紹介

2016年1月7日 公開

ダイニングのシングルオリジンコーヒーの豆が変わったので、ご紹介します。
ダイニングのコーヒー豆は、世田谷区三宿にあるNOZYCOFFEEの豆を使用しています。今回は「Honduras INTEGRAL EL CIPRES(ホンジュラス インテグラル エル シプレス農園)」のレンピラ種という豆です。ブラウンシュガーのような甘さと、しっかりした口当たりが特徴の豆は、温度が下がった時のオレンジやハーブを思わせるフレーバーもお楽しみいただけます。

ダイニングでは、焼き菓子や生菓子をたくさん揃えています。コーヒーに合わせるお菓子で迷ったときは、飲みたいコーヒーの特徴に似た味で選ぶと、どちらも美味しくいただけます。今回は、ブラウンシュガーやオレンジといったキーワードを手掛かりに、ダイニングオリジナル焼き菓子「黒糖クッキー(520円)」を合わせてみてはいかがでしょうか。口の中に広がる優しい甘さと柑橘系の香りとともに、爽やかにお召し上がりいただけます。

FullSizeRender

シングルオリジンコーヒーとは、コーヒー豆の生産国・生産地域・生産処理方法が明確で、またそれらが一切ブレンドされていない物をいいます。NOZYCOFFEEでは「その土地、その年、その豆にしかない風味・特性」を大切にしています。同じ農園で作られている豆も土壌の違いで味の変化があるのだそうです。販売しているコーヒー豆の中には、バイヤーさんが直接農園に足を運び、生産者の方とお会いし、その目で実際確かめたものを買い付けてるものもあります。

IMG_8966

当店のスタッフも、コーヒー豆が変わる度に風味や香りの違いを楽しみにしています。作られた豆がどんな場所で、どんな人達によって作られたのか考えながらコーヒーを飲むのも楽しいですね。また、少量ですがコーヒー豆の販売も行なっています(1800円/200g)。お気軽にスタッフまでお声かけください。


 

D&DEPARTMENT DINING TOKYO 伊藤真弓