D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

ibaraki

橋本珈琲

2014年12月23日 公開

歴史の街・真壁の散策休憩にぴったりの旅館カフェ
創業江戸時代末期の「橋本旅館」。1929年に建てられた現母屋は、国の登録有形文化財に指定。現在は若女将・小貫恵美子さんが切り盛りし、食堂と応接室を改装したカフェをオープン、2013年度グッドデザイン賞を受賞。むき出しの梁や、存在感たっぷりの歴史ある神棚と、北欧ヴィンテージの家具とが、とてもマッチしている。「お世話になった真壁の町に、大好きな珈琲で恩返しがしたい」と、小貫さん。珈琲は土浦市の「ニコニコ珈琲」の豆を使い、ネルドリップで。エスプレッソもあり、どれも美味。ランチ後に珈琲をテイクアウトして、江戸時代の見世蔵、土蔵や白壁門が残る町を歩くのが、お薦め。(沼田健一/trattoria blackbird)