D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

dd_13

D&DEPARTMENT PROJECT とは

D&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)は、2000年にデザイナーのナガオカケンメイによって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体です。47都道府県に1か所ずつ拠点をつくりながら、物販・飲食・出版・観光などを通して、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、全国に向けて紹介する活動を行っています。


ロングライフデザインを考え、伝えます

「ロングライフデザイン」とは、形状や意匠のことだけではありません。物の作られ方、売られ方など、デザインを取り巻く環境が揃ってこそ、長く作られ、使われ続ける物が生まれると考えています。

ロングライフデザインの10か条

1. 修理……修理をして使い続けられる体制や方法があること。

2. 価格……作り手の継続していく経済状態を生みつづける適正な価格であること。

3. 販売……売り場に作り手の思いを伝える強い意志があること。

4. 作る……作り手に「ものづくり」への愛があること。

5. 機能……使いやすいこと。機能的であること。

6. 安全……危険な要素がないこと。安全であること。

7. 計画生産……あくまで計画された生産数であること。予測が出来ていること。

8. 使い手……使う側が、その商品にまつわる商品以外に関心が継続する仕組みがあること。

9. 環境……いつの時代の環境にも配慮があること。

10. デザイン……美しいこと。


ロングライフデザインを発掘し、発信します

D&DEPARTMENTで取扱うアイテムは、全店共通で扱う定番の「日本と世界のロングライフデザイン商品」と、それぞれの地域が、独自に発掘する「地域のロングライフデザイン商品」で構成されます。地域には全国視点の刺激と情報を与えながら、地域で発掘された商品を全国に広がるネットワークを使って発信することで、新たな交流を生み出します。

日本と世界のロングライフデザイン
地域のロングライフデザイン

商品選定の5つの基準

D&DEPARTMENTは、以下の5つの基準で商品を選定しています。

知る ‐ 作り手を知る。

作っている人、その作業場や考え方に直接触れ、商品をつくる工程、苦労する点、こだわりなどを聞きに行きます。その思いを持ってお客様に販売したいからです。その作る人の思いを伝えることが、お客様に商品として手に取ってもらったものが、長く愛されることにつながると信じて。

使う‐ 自分たちでまず使う。

まず、お客様に紹介する前に、自分たちで使ってみます。わたしたちがまず、その製品の使用者でなければ、使い心地やその商品のよさをお伝えできないからです。デザインは素敵なのに、実際の生活品としては問題があるかもしれない。それを確かめます。そして、問題点はメーカーに報告し改良を提案します。

引取る‐ 買取れる価値のものを販売する。

その新商品を販売し、例えば5年経ってお客様が「買取」を申し出た時に「買い取って、再販売しても売れるか」どうかという視点で取り扱う商品を決めます。すぐにモデルチェンジしてしまいそうなものや、ある部分が壊れたら全体も使えなくなるようなもの、流行に依存しているものは扱いません。

直す‐ 直して使い続けられるものを売る。

なるべく直して使い続けることと、その魅力をお客様に伝えます。修理できないものは取り扱いません。また、メーカーに修理をする考えや体制が少しでもあるものを商品として紹介していきます。壊れたら新品と交換という考えの商品は取り扱いません。

続く‐ メーカーにずっと作る気持ちがあるかどうか。

そのメーカーに自分たちの製品として、愛をもって作り続け、改良し続ける意志があるかどうかを確認します。生活者がその製品を愛用する気持ちと同じものを、メーカーも持っていなければ、ロングライフデザインにはなりません。

商品関連プロジェクト


60VISION(ロクマル・ビジョン)
ロングライフな日本のメーカー商品の創業原点を見つめ直し、復刻、リブランディング、再販売する活動。


NIPPON VISION(ニッポン・ビジョン)
日本の地域産業や伝統工芸品を展覧会やマーケット企画、オリジナル商品開発等を通して無理なく活性化し、継続する仕組みをつくる活動。


47都道府県に「デザイン道の駅」をつくります

D&DEPARTMENTの活動に賛同いただいた方とパートナーシップを組み、47都道府県に1か所ずつ、活動の拠点を広げています。その土地に住み、日々の生活を土地に根ざして行っている人と、その地域におけるロングライフデザインについて考え、発掘し、全国に広がるネットワークを使って、情報や手法を共有しながら発信する活動を行っています。


学んで買う
長く続いている”もの”や”こと”から学ぶ勉強会「d SCHOOL」を定期開催しています。各店が企画し、講師を招いて行う勉強会やワークショップを通して、ロングライフデザインのある上質な生活の提案や、文化振興、生涯教育を行っています。


学んで食べる
カフェレストランでは地産地消をテーマに、各店が地域の生産者と繋がりながら、勉強会やファーマーズマーケット、収穫体験ツアーなどを企画開催し、正しい食について伝える活動を行っています。

ショップコンセプト

D&DEPARTMENT

47都道府県に1か所ずつ、その土地に暮らすパートナーと共につくる拠点。長く使い続けられる家具や生活用品などの販売を中心に、衣食住の全般を提案。カフェやギャラリーを併設し、勉強会やワークショップの企画開催、地域の観光情報の発信などを通して、その土地の個性や「らしさ」を見直す活動を行っています。

d47

47の展示台を常設した「d47 MUSEUM」を中心に、様々な講演、実演、販売、体験、ワークショップなどが連動した、今の日本を実感できる“デザイン物産美術館”です。併設するストア「d47 design travel store」では、その土地らしい工芸品や食品の販売を行い、「d47食堂」では地域の食材や食文化を定食にして、楽しく、美味しく、47都道府県の個性と魅力を伝えています。

GOOD DESIGN SHOP COMME des GARÇONS D&DEPARTMENT PROJECT

コム デ ギャルソンの「強いクリエーションは永久。また、定番として長い支持を受けているものも、強いクリエーションである」という考えと、流行や時代に左右されないデザイン性、普遍性を重んじ「ロングライフデザイン」をテーマとするD&DEPARTMENTの活動が共感し、展開するショップ。ニューヨーク、ロンドン、東京、大阪に出店しています。


リサイクルに取り組んでいます

常に新しいデザインを生み、新製品を発売し続けることだけが、デザイナーやメーカーの使命ではありません。すでに生み出されているデザインや製品の中にも、普遍性を持ち、しっかりと使い続けられるものは存在します。それらを、いかに使い続けるか、あるいは、もう一度欲しいと思われるものに戻すか。リサイクルにデザインとクリエイションを加え、さまざまな取り組みを行っています。

リサイクルショッピングバッグ
ご不要なショッピングバッグを各店舗にて回収し、上からラベルを貼ってリユースしています。
ユーズド買取再販売
イスやテーブル、グラスなど、家具から雑貨類まで様々な中古品をセレクトし、買取を実施しています。
SAMPLING FURNITURE
廃材を再利用して、今までになかった新しい家具を創る活動をしています。
d&RE WEAR
まだまだ着られるにも関わらず廃棄される服たちに、少しだけ手を加えることで、再び着られるようにしています。
FROM LIFESTOCK
日本各地の生地産地に保管されていた生地見本を再利用し、47の「個性」とその土地に息づく「技術」を伝えます。

47都道府県のデザイン観光ガイド『d design travel』

47都道府県それぞれにある「その土地に長く続く個性」や「らしさ」をデザイン的視点から選び出し、年間3冊、1冊につき1県を特集したガイドブック『d design travel』を制作しています。

毎号、地域住民参加型のワークショップを開催し、デザイン観光資源の発掘から始まり、地域をテーマにした同時代落語の制作など、若く新しい観光と交流を生む仕組みです。D&DEPARTMENT各店は観光情報センターを兼ね、地域のデザイントラベル情報の提供やオリジナルツアーの企画など、デザイントラベルの出発点としての役割を担っています。

地域住民参加型ワークショップ
住んでいる地域の「らしさ」とは何か、一緒に考えます。
新しい交流を生む仕組みづくり
発刊後は取材地を巡るスタンプラリーや、落語会を開催します。
出版記念パーティー
取材先にもご協力いただき、地元の方々と出版をお祝いします。

ロングライフデザインの研究所「D&DESIGN」

流行を追い、多くの物を所有することが「豊かさ」であった時代から、これからは、本当に意味があり継続性がある“もの”や“こと”に豊かさを求めていく時代へ。
「D&DESIGN」は、D&DEPARTMENTの「ロングライフデザイン」の考えを、土地の個性づくりの手法として提案するクリエイティブオフィスです。
D&DEPARTMENTは、これまで様々な企業や日本各地のものづくりと関わる中で、「いつの時代も変えてはいけないこと」と「変えていくべきこと」の存在を意識してきました。それらを両立させ、個性と結びつけて他者と差別化していくことが、いかに大切かということを、ブランディングの視点をもったデザインで表現します。
D&DESIGN